みたいもん

いしたにまさきの新刊:できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド / あたらしい書斎 / 都市と書斎のランドスケール / Amazon Kindleダイレクト(KDP)出版 完全ガイド

4844332430 『あたらしい書斎』書影 B00ASOBQJC 4844333976 できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド

2015.01.28

37冊目『みんなのビッグデータ:リアリティ・マイニングから見える世界』ネイサン・イーグル他

もうね、タイトルでやられた、ちきしょお。おれはなんでこのタイトルを思いつかなかったんだろうか。

で、またさらに目次でやられた。そうだよ、ビックデータでいちばん大事な話は、まずなによりもスケールの話なんだよ。

  • 第1部 個人(一人)のスケール
  • 第2部 近隣社会と組織 (10人から1000人まで)のスケール
  • 第3部 都市(1000人から100万人まで)のスケール
  • 第4部 国家(100万人から1億人まで)のスケール
  • 第5部 世界データのリアリティ・マイニング(1億人から70億人まで)

ほれぼれますよ、この目次。何度も言うけど、スケール超大事なんですよ。

学生の頃、Power of tenを見て、脳髄に衝撃が走ったのも、スケールが変われば話は全部変わるということだったわけです。

ということで、2005年の時点でこんな実験やってたネイサン・イーグルの本であり!

 リンク: 個人の生活パターンから組織全体の動きを把握する研究(上) ・ WIRED.jp.

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの研究者が、MITの学生など100人に特製の携帯電話を配布し居場所や行動に関する膨大なデータを収集。アルゴリズムで被験者の行動をかなりの精度で予想できるようになった。このシステムを組織で活用すると、派閥の形成過程や、部署間のコミュニケーション不足などがわかると研究者は期待している。

スケールの話を本のど真ん中に持ってくる構成というだけで、この本すばらしいと言い切ります。ということで、明日から読みます!

あ、これ翻訳ドミニクじゃないか!さすがだ。

みんなのビッグデータ: リアリティ・マイニングから見える世界
4757103506

投稿:by いしたにまさき 2015 01 28 05:06 PM [1000冊紹介する, 献本] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント (0) | トラックバック (0)

36冊目『きもの』幸田 文

「文章うまいですね」と言われて、気を悪くする人はまずいない。同時に「文章うまいですね」と言われたい気持ちをうっかり育ててしまうことも少なくないとも思っています。

なんで、そんなことになるのかというと、人はどこかで文章のうまさに生まれ持った才能とか、人生のすべてが出てくるものだということを感じ取るからなのだと思う。

そして、幸田露伴はなにを残したのか?という問いの答えが「幸田文を残した」と言われるほどの文章を残したのがこの幸田文。

P1011775

異例の遅咲きのデビュー。異例のキャリア。そして、もうひれ伏すしかない文章のうまさ。

こんな人がいるんだということを知るだけでも、幸田文を読む価値はあるのですが、そんな先入観を軽やかに吹き飛ばす読書体験。

以前開催された幸田文の展覧会には「会ってみたかった。」というキャッチコピーがついていた。このコピーがこれほどまでにマッチする人もそうそういないと思う。文章は人ではないし、人は文章ではないが、そう思うしかないサンプルがあまりにも素敵だから、どうしてもそういうことを考えてしまう。

そんな物書きにいつかなってみたいという魔法めいたことを考えてしまうのが、やっぱり幸田文が残してくれた文章なのです。

きもの (新潮文庫)

4101116083

投稿:by いしたにまさき 2015 01 28 11:45 AM [1000冊紹介する] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.27

35冊目『本よみの虫干し―日本の近代文学再読』関川 夏央

2015.01.26

34冊目『ねじまき鳥クロニクル』村上 春樹

2015.01.24

33冊目『クレヨンしんちゃん映画大全―野原しんのすけザ・ムービー全仕事』

2015.01.23

Windows10キーノート、まさか電脳コイルを最初に実現するのがマイクロソフトになるとは思わなかったよ!

2015.01.21

32冊目『ヒステリック・サバイバー』深町 秋生

2015.01.19

31冊目『果てしなき渇き』深町 秋生

2015.01.18

30冊目『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』藤谷 治

2015.01.15

夜のヤッターマンがぼくらのドラマツルギーをどう解体していくのか楽しみで仕方がない! #夜ヤッター

29冊目『45歳からのアニメ入門』安田理央,田口こくまろ

2015.01.14

28冊目『すべてのニュースは賞味期限切れである』速水 健朗,おぐら りゅうじ

2015.01.13

27冊目『肉への慈悲―フランシス・ベイコン・インタヴュー』デイヴィッド シルヴェスター

2015.01.11

26冊目『ゲルハルト・リヒター写真論/絵画論』ゲルハルト・リヒター

2015.01.10

25冊目『マルセル・デュシャン論』オクタビオ・パス

2015.01.09

24冊目『アンパンマン大研究』やなせ たかし

2015.01.08

SENSORS SALON『私がハマった!2014年のデジタルアイテム』にiPhoneも入る財布が出演していた件

23冊目『雪白姫』ドナルド・バーセルミ

2015.01.07

22冊目『パックランドでつかまえて―テレビゲームの青春物語』田尻 智

2015年は鉄道やインフラ系で大きな変化が起こる年なんですよ、お客さん

2015.01.06

2014年のベスト記事はドローン記事だったので、2015年はドローンドキュメンタリー映像に注目したい

21冊目『アントニオ猪木自伝』猪木 寛至

 
We are bloggers.