みたいもん

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2015.06.30

超広角レンズは正義!外に出かけたくなる「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm f2.8 PRO」はいい買い物の予感しかしない

ここのところは、デジカメ欲しい病にかかることもなく、いやそれだけOM-D E-M5 MarkⅡとM.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PROの組み合わせの満足度が高いということなんですが、ひとつだけ困ってたことがあります。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー ブラック E-M5 MarkIIBody BLK
B00SMPL31A

OLYMPUS 標準ズームレンズ ED 12-40mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO
B00EY6AV50

それが広角です。

マイクロフォーサーズの12mm(つまり35mm換算だと24mm)というのは、普段はそれほど困らないんですが、室内撮影とか、大きな建物とかを前にすると、あと少し足りないんですよ。

そして、しかもこれだけオリンパスZUIKOのProレンズの楽さ加減に慣れきってしまうと、もはや他のレンズを使う気持ちがなくなってしまうのも、事実(腕のなさはお金で解決するのが大人のソリューション)。

ということで、オリンパスZUIKOのProレンズの広角レンズの登場を心待ちにしていたのが、この1年だったわけです。

ProレンズがProレンズと言われる理由は、いわゆるF2.8通しの大三元シリーズというのがあり、写りの良さと防塵・防滴仕様に象徴される丈夫さが、まずあります。

加えて、このオリンパスZUIKOのProレンズがすばらしいのは、AFとMFを一瞬で切り替えられること。

 リンク: 交換レンズ百景:マイクロフォーサーズの“大三元”が完成――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」 - ITmedia デジカメプラス.

フォーカスリングは他のPROシリーズ同様、手前にカチッと引いてずらすと距離目盛りが現れ、マニュアルフォーカスに切り替わる(MFクラッチ機構)。これは一瞬でAFとMFを切り替えられてとても便利。

とはいえ、定価でいうと約17万のレンズです。私ぐらいの腕と仕事でこれを買うのは、若干オーバースペック気味なのは否めません。

そんなわけで、ずっと悩んでいたのですが、ふとアマゾンを見ると、まだ発売前なのに-5万円とかになっているんですよ。

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO マイクロフォーサーズ用 EZ-M0714PRO BLK
B00X6BSGC4

これは心がグラグラきます。まずい、、、

続きを読む... "超広角レンズは正義!外に出かけたくなる「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm f2.8 PRO」はいい買い物の予感しかしない"

投稿:by いしたにまさき 2015 06 30 11:45 AM [一眼,デジカメ(デジタル一眼レフ)] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.25

59冊目「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代」阿古 真理

まったくもって、きょうはいろいろと悔しい。

とにかく、この小林カツ代・栗原はるみ本である。

というのも、実はここのところ、少し栗原はるみさんという人のことをもっとちゃんと理解した方がいいんじゃないかと思って、少し調べ始めていたのですよ。

そしたら、この本が発売されることを知り、しかも小林カツ代まで合わせ技にして、もうおれの仕事なんか残ってないやんけ!ということです。

はい、発売日に購入しております。

IMG_20150617_014653.jpg

しかも佐々木くんに先に書かれてしまった。ここでもおれの仕事なしか!

 リンク: 103冊目 「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 」 阿古真理 : アルカンタラの熱い夏.

家庭料理のレシピなぞえらそうに開陳するつもりはなかったのが、この本を読んでちょっと考え方が変わった。という話。

まあ、憤慨していても一銭にもなりませんので、私も真似して、きょう作ったものを公開しておきます。

いつも思いつきでしか調理しないので、レシピの記録なんか取ったことないんですが、そういうことを考えてもいいのかなと私も思った次第。

納豆サラダっておいしいんじゃないかと思って、適当に作ったらひどくうまい #コンビニ食材

masaki ishitaniさん(@masakiishitani)が投稿した写真 -

2015 6月 24 11:41午後 PDT

なお、上の納豆サラダで使った調味料は以下のとおり。混ぜるだけです。

  • からし (付属のもの)
  • 納豆のタレ (付属のもの)
  • しょうゆ
  • 松田のマヨネーズ(辛口)
  • 白ゴマ
  • オリーブオイル

はじめて作ったんですが、これはちょっとうまい。調味料のさじ加減の必要はまだまだありそうだけど、今後自分の定番になりそうです。

だって、納豆パックって、ご飯ないと消費できなくて、買うのを控えてしまいがちだけど、葉っぱさえあれば、いいサラダになるのは、自分としては少し発見でしたということです。

小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)

4106106175

投稿:by いしたにまさき 2015 06 25 06:39 PM [1000冊紹介する, コンビニ食材] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.25

「ブログを10年続けて、僕が考えたこと」を読んだら、ブログの10年についてさらに深堀できました

2015.06.16

58冊目「江口寿史の正直日記」江口 寿史

2015.06.15

イングレスと海外旅行とドボク、自分のスケール(標準)を持って出るからこそ旅は楽しい #ANAxトラベラーズ

2015.06.12

57冊目「日本の土: 地質学が明かす黒土と縄文文化」山野井 徹

2015.06.05

3Mセミナー「フッ素」イベント告知、そして自社サイトにブロガー記事まとめを作る意味

もう一度デイブに会って、サーベイモンキーでこんなことが実現できたよと報告したかった

 
We are bloggers.