みたいもん

トップ > !!【見たいもんBest】!!, 音楽 > 「歌も音である」大瀧詠一。(管理人)

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.01.21

「歌も音である」大瀧詠一。(管理人)




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

風待茶房 カフェのお客様 大瀧詠一

「すごい歌唄いは母音が速い」というのが持論なのですが、
この対談はそれを少し裏付けるものです。

いちばん最後の件が大注目です。

→「はいからはくち」にしても「十二月の雨の日」にしても、一度全部ローマ字にしたんだ。音(おん)で分解する必要があったから。そのローマ字の母音と子音を見ながら、どこを光らせてどこを暗くしてってやって、歌うときは全部当然忘れるんだけど、完全な没我状態になれる前までリフレインするんだ。並大抵のことじゃないよ。


« マイクロソフト社広報のデスラーさん!(管理人) | トップページ | 萩尾望都さままでいる。(管理人) »

投稿:by 2004 01 21 04:18 PM [!!【見たいもんBest】!!, 音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/121977

この記事へのトラックバック一覧です: 「歌も音である」大瀧詠一。(管理人):

 
We are bloggers.