みたいもん

トップ > おすすめサイト > ハイパーリンクのあるべき姿(管理人)

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.02.08

ハイパーリンクのあるべき姿(管理人)




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

真の独自性とは「いかに真似されやすいか」ということにある。

現在のWEBはあまりにも視覚的になりすぎている。
これは以前から感じていたことである。
もちろん、WEBの爆発に画像が大きく貢献していることは言うまでもないが、
WEBに限らず、ネットが一般社会に浸透していくにしたがって、
ネットの独自性というのはどんどん失われている。

例えば、現在サーチエンジンで「TOYOTA」と入力すれば、
まずまちがいなくトヨタのサイトを表示する。
これはそうあるべき姿ではあるが、以前はそうではなかった。
なんだかわけのわからないTOYOTAが表示されたりなんかして、
(特に日本人にとっては英語という問題もあった)
それがネットのおもしろさの一部であったのである。

話を本題に戻すと、そもそもHTMLとはテキストとテキストをつなぐものである。
それもある特定の情報に収束していくのではなく、
次から次へとわれわれをどこまでもテキストの荒野に
吹き飛ばしてくれるものであったのである。

吹き飛ばし系リンクにお目にかかれることは数少ない中で、
千冊という量も相まって、本来的なリンクにあふれているのがこのサイトである。

書評ページを検索するとAMAZONの素人コメントしか出てこないようにならないことを
祈りたいものである。

« 粛々麻布十番そばツアー:「総本家更科堀井」(管理人) | トップページ | なんだモノラルか:ICレコーダー(管理人) »

投稿:by 2004 02 08 05:50 AM [おすすめサイト] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/176391

この記事へのトラックバック一覧です: ハイパーリンクのあるべき姿(管理人):

 
We are bloggers.