みたいもん

トップ > 旅行・地域 > 60万円払って終わり

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.04.19

60万円払って終わり




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

人質対策費用は数億円…自腹たった60万?

外務省関係者は、5人の自己負担の対象として、(1)バグダッドからドバイへのチャーター機での脱出費用(2)ドバイでの健診費用(3)ドバイからの帰国費用-を挙げる。

ということなのですが、どうも色んなところを覗いて見ると、これは別に今回に限った事ではなく、海外でなんか緊急避難とか言う形になれば、誰でも同じ請求を受けるらしい。報道関係の人なんかがその割合が多いようだが、どうしようもなくなった時に大使館に駆け込んで、大使館関係で飛行機乗ったりすると「後で払ってね」と来るとの事。

じゃあ今回の請求は取り立てて問題にする事ではなく、むしろココから請求をするのかどうかにかかってると思う。
つまり、これで大変な事にあっていたのに費用を請求するとは何事だ!という意見は「いや、誰でも同じようにずっと請求してます」ってので却下されるはずなのである。
救出するのは日本政府の義務だとは確かに思う。
しかし今回は相当に複雑な事になってるので、これから動向を見定めて答えを出さねばいけないんでしょうな。
あんたら救った金をそのままイラクにあげられたら、どれだけの人が助かったんでしょう?っていうシミュレーションも、必要かもしれないとは思ったりする。

« やっとこういうのをやってくれるのね。 | トップページ | 端子が「うにっ」っと出るMP3プレイヤー »

投稿:by 2004 04 19 04:08 PM [旅行・地域] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 60万円払って終わり:

» 自己負担金は35万円!? from たなぼた
時々更新(タイトル仮)さんとこの記事によれば、イラクで拘束された3人に対する自己 続きを読む

受信: Apr 20, 2004, 10:38:03 AM

 
We are bloggers.