みたいもん

トップ > ガジェット > 超高性能・勾玉筋肉マイク

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.04.07

超高性能・勾玉筋肉マイク




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

つぶやき声もOK、耳のうしろで音拾う新型マイク開発

骨伝導かと思いきや、筋肉に伝わる音とはなあ~。
おもろいのが声帯から出る音ではないという事。
そうか、つぶやき声は声帯を使っていないってことなんですね。

「NAM音を通常の音声に変換するソフトも開発中で、完成すれば、他人に聞かれずに携帯電話をかけたり、コンピューターを操作したりすることもできる。中島さんは「コミュニケーションで新しい文化が生まれるかも」

それは日本語には合わないんじゃないかなあ。
いやもちろん、出来るようにはなって欲しいんですが。音の上げ下げって中国語日本語の判別にはとても影響大きいからやっぱりちょっと微妙。
でも現在自分でパソコン背負ってヘッドセットかけて音声入力でiTune操作をしてるという特殊環境下では、非常に期待はしていたりする。

« なぜゴジラ? | トップページ | 電通上海アニメーション »

投稿:by 2004 04 07 01:34 PM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 超高性能・勾玉筋肉マイク:

 
We are bloggers.