みたいもん

トップ > おすすめサイト, 書籍・雑誌 > 前人未踏の書評&日本人最大の学者。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.07.06

前人未踏の書評&日本人最大の学者。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

【千夜千冊】CountDownNews

WEBで個人的に重要な本を検索すると、大抵ヒットするのが、
この【千夜千冊】だ(例)。

読むだけでも、一体何日かかるかわからないこのサイト。
ついにカウントダウンです。

さあ、最後の1冊はなにになるか。

アップロードページも必見。

で、実は私の卒論は宣長に関するものだったりします。

時間と能力のなさで、未消化のままですが、
研究の対象として、小林秀雄を選んだことは、
大きく間違ってはいかなかったらしい。

ただ、これを読むといかんせん取り組みと研究に当たっての姿勢が
てんでまちがっていたことがよくわかります。
宣長に関しての知識がうすいと読むのもつらいと思いますが、
アメツチの件は、ぜひ読んでください。
私も当時、宣長の態度にいちばん感動した部分です。

あー、この部分もいいなあ。

たとえば、「ただしくきつとしたるもの」は人情の本質をあらわさないというのだ。キッと虚勢をはるのは本質的ではないという。それは世間の風に倣ったもので、宣長には無縁だというのだ。そうではなく、「しごくまつすぐに、はかなく、つたなく、しどけなきもの」こそが人間の本来の本質だというのである。

ちくしょー、卒論のときにこれ知ってればなあ(笑)。

あと、最後のオチも最高です。
やっぱ、これ大事よ。

« 喜びはつかの間。 | トップページ | 表計算ゲーム »

投稿:by 2004 07 06 12:42 AM [おすすめサイト, 書籍・雑誌] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/909146

この記事へのトラックバック一覧です: 前人未踏の書評&日本人最大の学者。:

 
We are bloggers.