みたいもん

トップ > 訃報 > データベースの恐怖、または汚点という名の功績

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.08.04

データベースの恐怖、または汚点という名の功績




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の渡辺文雄さん死去 料理番組などでも人気 - asahi.com : 社会

目と眉に力のある俳優、渡辺文雄さんが亡くなられました。
ご冥福をお祈りします。

と、いつもの訃報記事なら最後につける文句をいきなり2行目に持ってきてしまっているのは、もうここで訃報としての記事は終りにしたいからです。

日本映画データベース

大体俳優さんの訃報が出たら、上記サイトに検索をかけることを、自分は決まりにしています。表示形式がシンプル、リンクがしっかりしている、俳優毎でも作品毎でもヒットする、という理由からです。
そして見た作品についてとか思い出し、書いてみたりするわけです。
だが今回の渡辺文雄さんは、ちょいとばかし事情が違いました。
自分の知る渡辺文雄さんは、テレビドラマの人とかクイズのおじさんとか、そんなところです。ですが、検索したの映画データベースです。映画の出演作品がずらりと並びます。
そこで発見したタイトルに心奪われたところから、恐怖のデータベーススパイラルに陥ってしまったのでした

渡辺文雄さんの出演作品で、自分が見たことのある、覚えのある作品は、

1967.02.25 兵隊やくざ 俺にまかせろ  大映東京  ... 田沼参謀
1968.02.09 博徒解散式  東映東京
1970.01.09 不良番長 王手飛車  東映東京
1975.07.05 新幹線大爆破  東映東京  ... 宮下(公安本部長)
1978.10.07 野性の証明  角川春樹事務所  ... 吉田栃木県警本部長

くらいで、さらに渡辺文雄がああいたいたと思えるのは新幹線大爆破だけなわけです。
そんな出演作品一覧に、

1972.04.26 徳川セックス禁止令 色情大名  東映京都  ... 博多屋伝右ヱ門
1975.12.06 東京ディープスロート夫人  東映東京

とまあなんともとんでもねえタイトルの作品を2つも発見してしまいました。
あああ!内容がまったく読めない!わからない!
で、粗筋とかを調べる時には、

映画情報 - goo 映画

ここに行くわけなんですけど、両作品を検索したところ、

徳川セックス禁止令 色情大名(1972)

フランスのポルノ女優サンドラ・ジュリアンの東映作品出演二作目。江戸時代、唐島藩城主が、セックスの快感を独占すべく発令した“閨房禁止令"をめぐっての大騒動を描いた、艶笑喜劇。

東京ディープスロート夫人(1975)

クリトリスを喉に移植した女のセックス・アバンチュールを描く。

※両作品ともリンクから更に詳しい粗筋を読むことが出来ます。

……えー、なんつーかですね。東映って、こういうのだったよね、という。なんか代表的なのが出てきてしまったような、固めのこんにゃくで横っ面張り倒されたような、キッツ位のが出てきてしまったわけです。
徳川セックス禁止例の方はサンドラ・ジュリアン出てるというじゃあないですか。真っ向ポルノ勝負ですわ。しかも第2作とか言われたら第1作ってなんだっけ?ってなるでしょう。そしたら、

現代ポルノ伝 先天性淫婦(1971)

「色情日記」の主演女優サンドラ・ジュリアンと池玲子が共演。脚本は「温泉みみず芸者」の掛札昌裕。監督は脚本も執筆している「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」の鈴木則文。撮影は「まむしの兄弟 お礼参り」の赤塚滋がそれぞれ担当。

……温泉ミミズ芸者?女番長ブルース?
もうどんどん謎の作品が飛び出てきて、タイトルのインパクトだけが魂を突き刺して抜けていくのです。
その後、温泉スッポン芸者、東京ふんどし芸者、温泉こんにゃく芸者、とわけわからん芸者シリーズと、やたら「暴」とか「殺」とかラインダンスを踊りながら出てきてタイトルに並び、脚本の掛札昌裕 (カケフダマサヒロ)氏と監督の鈴木則文 (スズキノリブミ)氏は、本当にとんでもないのしか作ってない(けど何故か見たくなるタイトルばかり)ということを知ったわけです。
そして終には、


コータローまかりとおる!(1984)
伊賀野カバ丸(1983)
ドカベン(1977)

という不覚にも原作が好きで見てしまった馬鹿作品で止めを刺されたところへ、

少林寺拳法(1975)

俺の千葉ちゃんがぁ!!
うわーーーーーん!

で、トラック野郎シリーズ撮ってると分かり、納得して落着くのでした。

訃報が一本出るたびに、データベースとリンクの罠で、おかしな方へ導かれ、本題から離れるばかりなのでした。
ああ、恐ろしい恐ろしい。


あっちへ行ったりこっちを見たり―諸国探訪・俳諧記
powered by
amazlet
渡辺 文雄
朝日新聞社 (1999/03)
通常4~6週間以内に発送

« 「ブルータスよ、お前もか」と言われたのもその昔。 | トップページ | おれのアイドルはジュリーだった。 »

投稿:by 2004 08 04 04:27 PM [訃報] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/1119685

この記事へのトラックバック一覧です: データベースの恐怖、または汚点という名の功績:

 
We are bloggers.