みたいもん

トップ > ガジェット > ファントムはがまんできなかった。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.10.02

ファントムはがまんできなかった。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

WORLD WINGS MUSEUMⅡ マグダネル・ダグラス F-4ファントムⅡ

第1弾のF-15イーグルはスルーしました。イーグルはぜんぜんなんとも思わない。
金食い虫って印象しかない。

でも、ファントムはだめ。これは買ってしまう。
で、あまつさえこんなペラが入ってた。

__rimg2451.jpg

あー、新谷かおるだ。

さてさて、そこにはこんなことが書いてある。

製造していたマグダネル社造る飛行機にオカルト的な名前を付けるのが特徴で、他にも「F2Hバンシー」や「F3Hデモン」「F-101ブードゥー」といった名前の機体がありました。

続けて

初代はダメっぽいファントムでしたが、二代目はどんでもない名機で後にも先にもアメリカ3軍(海軍、空軍、海兵隊)で同一機種で採用されたのはF-4ファントムⅡしかありません。

たぶん、資料なんか何にも見ないで書いているんだろうなあ・・・。
で、このペラは表もいいし、このモデルは「ファントム無頼」塗装になっていて、
機体説明もその内容になってます。

ん?あれ??箱の裏には、無頼のカラーリングなんて書いてないぞ・・・。
これシークレットなのか!?あー、さっきの紙に「SP」って書いてある。
あらら、これがシークレットってかなりきびしいなあ。タカラきったねえ。

ところで、箱を開けると最初に目に飛び込んでくるおかしはどうみても接着剤で、
それが狙いなんだろうけど、それも含めてそれはどうかと思います。

__rimg2453.jpg


ファントム無頼 1 (1)
ファントム無頼 1 (1)
posted with amazlet at 04.10.03
新谷 かおる 史村 翔
小学館 (1991/05)
売り上げランキング: 1,223,399
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

« サイバーショットはスケベなカメラでしたか。 | トップページ | ドキリとした「かぜのとう」というサイト。 »

投稿:by 2004 10 02 11:55 PM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ファントムはがまんできなかった。:

 
We are bloggers.