みたいもん

トップ > 旅行・地域 > 熊とドングリ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.10.21

熊とドングリ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドングリ、全国から4トン=募集、いったん中止-エサ不足クマへ贈り物、批判も

エサ不足のクマにドングリを贈ろう-。自然保護団体「日本熊森協会」(兵庫県西宮市、森山まり子会長)の呼び掛けが、思わぬ波紋を呼んでいる。全国から4トンもの善意のドングリが集まった半面、ほかの地域産のドングリを山中に置いてくることについて、研究者から「生態系を乱す」「自然に干渉しすぎ」との批判も寄せられた。

あっはっはっは。
いや、何が笑ったって団体名の「日本熊森協会」に笑ってしまいました。

自然保護団体 日本熊森協会

熊は自然環境のバロメーターだそうで。

しかし、「熊はおなかが一杯になれば山に帰るから温かく見守って欲しい」と言われてもねえ。田舎(伊賀上野)は猿が山から下りてきて大変な話になってたっけなあ。柿の木は丸坊主、畑はすべて穿り返され、子供は襲われる。
田舎は農家なので、猿が出てきた時にはそれは大変でしたよ。だって家計に直撃だもの。その保証に関しては一切無くて、命があるだけありがたいと思えってのはどうなのかなあ。対策として、熊食用果物の木とかを政策として提供してくれるとかなら、それは考えるでしょうよ。
食料足りないのが今の時点からだとしたら、これから冬までの間ずっと足りないわけでしょう。毎日とは言わないまでも、週1とかで来るんじゃないの?

<クマ出没>りんご園で1万個被害、閉園に 兵庫・波賀町

と、このような被害も出ているわけで。
まあ環境団体の方々が経済的な事をまったく無視して物を言うのは前からですが、人として大事なところを見失わないで活動していただきたいと思うわけなのでした。

日本熊森協会さんのページで、唯一ほほうと思ったのは、

外来種問題

外来動物を殺さなければならないという考えは、外国人に対する偏見・差別につながっていくおそれがあります。

↑この意見。
なるほど、こういう考えもありか。
でも面と向かってこう言うと、また別の問題がありそうな(笑)

ああ、オチがない……。


熊を放つ (上巻)
熊を放つ (上巻)
posted with amazlet at 04.10.21
ジョン・アーヴィング 村上 春樹
中央公論社 (1996/02)
売り上げランキング: 101,735
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 3
4 処女作
2 期待しすぎると・・・
2 青春という名の苦味

« 未成年でも買いまくれるぜ!楽天でエロ本を買おう!! | トップページ | 自衛隊が大砲ぶっぱなします@1812。 »

投稿:by 2004 10 21 01:43 PM [旅行・地域] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 熊とドングリ:

 
We are bloggers.