みたいもん

トップ > アニメ・コミック > オタクとクリエイター

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.11.18

オタクとクリエイター




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ITmediaニュース:“ごちゃまぜ”だから面白い――日本のアニメが海外で売れる理由 (2/2)

色々とすげえ誤解があるように思うんですが。

「海外ではアニメを作っていれば、クリエイターとして尊敬されるが、日本はまず“オタク”という色眼鏡で見られる。オタクを無下にバカにするのはやめましょうと、学校で教育して欲しい」

バカかアンタは。

元々クリエイターなんてものはたまたま当たって賞賛されたオタクであって、っつーかみんな大志を持って作成してるけれども認められない人たちばっかり。
そんでもって大体物を作る人達に必要なのは執拗なこだわりと根性、そして膨大な知識。そんなもんを詰め込んで溜め込んで、情熱を一身に注ぎ続けて製作する人たちは一歩離れて見られれば、ふつーに「ああ、オタクの人ね」と同じ括りで見られるもんなのさ。
当然体型やら服装やらも、大方のイメージするオタク体型(二極化してる)になってくる。製作に情熱をつぎ込むので、普通の会話をするだけの情報量は入ってこない。そんな時間もない。日常会話もどうよ?って感じになる。
そんな人を見てどう思う?

「なんか変な人」
「なんか物知らず」
「なんか話についていけない」

「あー、あいつはオタクだからねえ!」

……でもそれは別に嫌な事じゃないの!
だって好きなことやってるだけだし、やってられるし!
大体こっちから言わせてもらえば、お前らが物知らず!くだらねー事で笑ってやがって!お前らの3週間経ったら忘れちまうことなんざ知らんで結構だワイ!

オタクって言われるのはいやなんじゃなくて、見た目でしか判断できない奴等がとやかく言うのが腹が立つんじゃいボケェ!

今に見とれよ!宮●や○井に負けない、いや凌ぐほどの超大作を作りあげ、興行収入のみならずDVD!コミカライズ!ノベライズ!フィギュア!食玩!キャラクター商品!関連商品!すべてで大儲けして、それを資金に次回作はさらに大作を!!!!!貴様ら消費者の金をすべて吸い取り、且つ涙させてやるからそう思うがいいわ!!!!


……
………

とオタクと呼ばれる人々は、卑下されることでさらに良いものを生み出していくのです。
大作を作った後でもテレビとかに出てからも、「やっぱりオタクですね」とか言われ、「ふぬーー!!」となって次から次へと良い作品が生まれるのでした。

オタクなんてのは虐げられてナンボなんだよ!


オタク・ジャポニカ―仮想現実人間の誕生
エチエンヌ バラール ´Etienne Barral 新島 進
河出書房新社 (2000/05)
売り上げランキング: 283,051
通常4~6週間以内に発送
おすすめ度の平均: 3
3 日本オタ特殊論から卒業しよう

« 日本語がどんどん変化しているのは面白い。 | トップページ | 近鉄本社による恥の上塗りまくり。 »

投稿:by 2004 11 18 02:38 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: オタクとクリエイター: