みたいもん

トップ > おすすめサイト > Hondaの自転車ダウンヒルの技術の全貌がついに!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.12.21

Hondaの自転車ダウンヒルの技術の全貌がついに!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

HONDAがMTBのダウンヒルに挑戦しているというのは、一部では有名な話だった。
しかもワークスである。

で、ようやくその技術が公開された。

Honda Racing Corporation | クローズアップ・Hondaのダウンヒルバイク「RN01」

このミッションの特徴は、後輪が回転していれば、ペダルの回転を止めていても常に変速が可能であること。

おお!

RN01のミッションはいわゆる捨てこぎを必要としないため、ブレーキングに集中できる、ライン取りの自由度が増える、変速の先取りができるようになりこぎ出しが早くなる、などのアドバンテージをライダーにもたらす。

F1のセミオートマに近い感じなのかなあ。

最後の特徴として、このミッションシステムはハードケースでカバーされている、ということ。ミッションのトラブルが勝負の分かれ目にもなる、ハードなロックセクションや、マッドなトラックでのレースにおける有利さに、説明の必要はないだろう。

実際、今期HONDAはぶっちぎりなんです。初年度としては、この成績は驚異。
ここまでのHONDAの道のりについては、「ダウンヒルへの挑戦」をどうぞ。

で、実はHONDAはこんなページも持っている。

Honda:あやとりぃ/「あやとりぃ 子ども自転車トレーニングマニュアル」

レースだけじゃなく、こういった安全面もケアする姿勢は、ぜひ他のメーカーにも見習って欲しいものです。

困った時のMTBメンテナンス―自転車のトラブル全部解決   エイ文庫

« 好きなロボット・ベスト10。 | トップページ | 小川(元ロッテ)~!なんでじゃあ! »

投稿:by 2004 12 21 01:25 PM [おすすめサイト] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/1468166

この記事へのトラックバック一覧です: Hondaの自転車ダウンヒルの技術の全貌がついに!:

 
We are bloggers.