みたいもん

トップ > 建築 > 空港では寝てしまえ。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.12.14

空港では寝てしまえ。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

先見日記・ 空港のデザイン

パリもロンドンも香港も上海も、新しいターミナル建築は素晴らしいが、それらの建築のなかに置かれている設備は似たようなものだ。管理上・経営上の問題でもあるだろうが、これだけ大きな空間で、買い物と広告だけというのは考えものである。何かいいアイデアはないものだろうか。

以前にアメリカから帰ってくるときに、もろもろが重なってフランクフルト経由で帰ってくることがあった。ルフトハンザ大好きなので、とても楽しかったのだが、フランクフルト空港で他の空港では見られないものを多く見ることができた。

フランクフルト空港は、ヨーロッパのちょうどど真ん中に位置していることもあり、重要なハブ空港になっている。行って見るまで、全く知らなかったが、たとえばアメリカから中東やインドに行こうとすると、フランクフルトを経由することになる。

もちろん、便数はそう多くない。なので、みな思い思いに時間をつぶしている。というか勝手に布を敷いて、そこら辺で寝ているのだ。こっちは、バカでかい空港のショップを右往左往している。時間の使い方という意味では、すっかり負けた気分である。

なお、フランクフルト空港のDutyFreeShopにはシガールームがある。これも、なかなかお目にかかれないものだ。


フランクフルトへの乗客
アガサ クリスティー Agatha Christie 永井 淳
早川書房 (2004/10)
売り上げランキング: 34,914
通常24時間以内に発送

« 太いネクタイ、機敏な動き。 | トップページ | DSのピクトチャットに潜む罠。 »

投稿:by 2004 12 14 11:30 AM [建築] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/2262883

この記事へのトラックバック一覧です: 空港では寝てしまえ。:

 
We are bloggers.