みたいもん

トップ > 映画・テレビ > キヤノンスペシャルでいちばん驚いたこと。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2004.12.06

キヤノンスペシャルでいちばん驚いたこと。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

このキャノン・スペシャル好きなんですよ。やっていると見る様にしています。

キヤノンスペシャル「光の惑星 地球5千年の旅」

今回のテーマは「光」。
いろいろ出ていましたが、今年「光」と言えば、やはりメガスターの大平貴之さん。

廃校となった小学校の最後の日に校庭にメガスターを上映するというものをやっていました。そうか、メガスターって簡単に設置できるんだ。

ただ、いちばんびっくりしたのは、その上映用のメガスターの心臓部である金属のプレートを作っている風景でした。
500万という数の穴を直径数センチの円形の金属プレートにレーザーで穴を焼き付けていっていました。

数を見ればわかる様に、普通の環境では、ゴミ・ほこりだらけで作業になりません。クリーンルームというのが必要になります。

で、大平さんの部屋にはこのクリーンルームがあるんです。そこまで、やってしまう人なんですね。改めて感服。


プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星
大平 貴之
エクスナレッジ (2003/06)
売り上げランキング: 19,908
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 悔しい本
5 オタクとかマニアに世界ではく,もうひとりの私たちかも
5 最上級の工作少年

« まさにココログ1周年な年でした。 | トップページ | 【告知】魅惑のディスコパーティ 夜のプロトコル »

投稿:by 2004 12 06 12:12 AM [映画・テレビ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンスペシャルでいちばん驚いたこと。:

 
We are bloggers.