みたいもん

トップ > ネット全般 > はじめてMIXIに「それは違う」と思った。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.02.03

はじめてMIXIに「それは違う」と思った。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでのところ、リリースしてくる追加機能については、全部諸手をあげて賛成でした。つつける部分はないわけではないが、気にするほどではない。私的に満点なんか求めてもしょーがないレベルのものでしかなかった。で、プレミアムにはもうMIXIに感謝しているので速攻申し込みました。

で、ひとしきりプレミアム祭りが終わったところで、ここ数日思っていたが、やっぱり。

■アルバムいりません。

→日記とアルバムはおそらくサーバが別なのでしょう。しかも別機能だから、ディスク容量も別というのは実にわかる。ただ、MIXIに金を払うのはスペースではなく、サービスに対して金を払うわけです。だから、アルバムに割り当てられた容量は日記と合算で提供された方がいいはず。

■tagもいりません。

→なぜなら、MIXIの魅力はただ野放図なテキストが散乱していることにあると思うからです(もちろん、裏には野放図なHTMLがあるわけだけど)。

で、ここからは補完してくれたジェット先生からの日記を全文引用。

上の「野放図」に呼応して書いてくれました。

そうなのです。
タグが使えるようになってからというもの、見せる文章を整形しなくてはいけなくなったのです。それは読ませることを意識することでもあるわけです。

読まれていることを全く意識してない、ある意味キモイ文章が沢山あるというのがmixi日記の良さだったのです。

「面白いことを書ける人」が書いた文章なら、mixiの外で読めばいいのです。mixi日記は、面白いこと書けない人の面白さが発見できるものなのです。

それは、mixi日記を書く人の多くは、パンツを履いてない状態だからです。内々の人々が集う場所での無防備さなのです。対外的に魅せるということを意識させない、着飾らせないことが重要なのです。

天然日和ほんじょの鉛筆日和。ほんじょの天日干。ほんじょの虫干。

« おしゃれマウス。 | トップページ | Pod野郎サンキュー! »

投稿:by 2005 02 03 04:55 PM [ネット全般] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてMIXIに「それは違う」と思った。:

» 結局タグが from 特別でないただの一日記 -眞・ヤンさまが見てる
結局タグが使えようが使えまいが、mixiで日記を書くということ自体が内輪向けなわけで文章の質が変わるとは思えないなぁ。 続きを読む

受信: Feb 4, 2005, 2:30:24 PM

» SNS雑感 from ソーシャルネットワーキング.jp 
スラッシュドット ジャパン | ほぼ8割の人がSNSを「利用したくない」と回答…... 続きを読む

受信: Feb 6, 2005, 9:31:54 PM

» 誰のためのmixiプレミアムなのか from webdog
mixiプレミアムに登録し、そして解約しました。それはなぜか!? 続きを読む

受信: Feb 10, 2005, 12:04:12 PM

 
We are bloggers.