みたいもん

トップ > 都市伝説 > 明日、新宿で突風が吹いたら。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.02.17

明日、新宿で突風が吹いたら。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミンキーモモ地震で、みんなけっこう都市伝説が好きだということが判明したので、知っているものを出しておきます。

その名も新宿黄金伝説

うちには、この伝説をベースにしたドラマのVTRとかもあるんですが、1回しか放送されてない上に(しかも打ち切り)入手ルートも特殊なので、それについては書きません。

で、その伝説の中身です。

これは、新宿のホームレスの間で語り継がれてきた伝説である。新宿というのは、高層ビル街は岩盤上の高台になっており、歌舞伎町方面に向けて、すり鉢上になっているという地形になっている。

そういう地形の新宿で、中央公園のほうからの突風が巨大ビル群と大通りでまとめられ、大ガードから一気に歌舞伎町に吹き込み、新宿中の路上に落ちている紙幣という紙幣がある1カ所に集まってくるというのである。しかも、1万円札は他の紙幣よりも少し重いため、吹き溜まりに吹き込んだつむじ風が1万円札の竜巻を作るというものである。そして、その風の条件と場所を知っているのは、常にひとりであり、口承でしか記録は残されていないということである。

他にも、集まった紙幣は、マンホールから吹き上げるとか、車道と歩道とのわずかな境目にまるで枯葉の様に集まるとか諸説ある。

まあ、ミンキーモモ地震の例もあるので、明日新宿に突風が吹いたら黒い竜巻には注意しましょう。

路上の夢―新宿ホームレス物語

« たぶん最後のミンキーモモ地震情報。 | トップページ | 『ソーシャル・ネットワーキング・サービス 縁(えん)の手帖』の詳細でました! »

投稿:by 2005 02 17 07:59 PM [都市伝説] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/2972740

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、新宿で突風が吹いたら。:

» 新宿黄金伝説とは? from 裏新宿
→こちら ホームレスの間に語り継がれてきた伝説。 新宿には1万円札が集まる場所があるとか…… 民間伝承としては興味ありですが、記事の下で紹介されている本とかに 続きを読む

受信: Feb 21, 2005 5:16:42 AM

 
We are bloggers.