みたいもん

トップ > 音楽 > アルゼンチン音響派だからと言ってもおしゃれなわけではない。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.06.29

アルゼンチン音響派だからと言ってもおしゃれなわけではない。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日にWorld Music Paramというライブイベントに行って来ました。このことは如来系ドラマーのエントリーで書きましたが、目的のある人の話をまだ書いていませんでした。

ある人とは、鈴木亜紀という歌姫です。以前にここで書いたと思うのですが、私はこの方のセカンド・ミニアルバム(いちばん暑い日)でレコーディング・エンジニアとジャケットの撮影をしました。

最近は、忙しくなかなかライブに行くこともできなかったのですが、約1年ぶりに行くことができました。レコーディングなどをやったので、この人はいいライブしかやらないことはわかってはいるもの、今はどういうライブをやっているのだろうと興味津々でした。

編成は、ピアノ&ボーカル+パーカッション。これまで通りです。ただ、ステージには見慣れないものがあります。

あ!あれはWAVEDRUMじゃないか!どんな音が出るんだろうか?

リンク: KORG MUSEUM|WAVEDRUM

DSPテクノロジーによるSV(State Variable)シンセシス・システムで全く新しいサウンドを生み出すパーカッション。スティック、マレット、ブラシなどによる音の違い、「たたく」、「こする」、「ひっかく」などの指や手のひらの繊細な動きにも敏感に反応。プレイヤーのすべてのテクニックに無限の音で応えるパーカッション。

ん!しかもアルゼンチンの写真が映し出されているではないか?!

ライブが終わりました。ホントにいいライブでした(いいライブの後には実に言うことがない)。

アルゼンチンとWAVEDRUMとはこういうことだったのか。そうか、アルゼンチン(音響派)か。

で、アルゼンチン音響派で女性といえば、言わずと知れたモリーナ。

Tres Cosas

有名なのはこっちか。
Segundo

ただ、鈴木亜紀が向かっているのはやはりモリーナではなく、フォルクローレのエレーロ。

風の告白
(鈴木亜紀による解説&対訳)

フォルクローレのない音響派はなんともおしゃれだ。鈴木亜紀はおしゃれとは言えない。本人には根性がないのに、どうにも魑魅魍魎な歌を歌う。そこにはやはりフォルクローレ的なものが必要なのだ。伝統の力のない遊びはただの際物だ。バカを全うにやるために伝統なんてものはあるのだ(行間が飛びまくっているのは実に申し訳ない)。

そうそう、WAVWDRUMは全く売れない楽器でした(さすがKORG様)。全部で100台も売れてないのではないかとのこと。ただ、KORGが売れないと諦めて部品を全部捨ててしまった後に、インドから200台の注文が入ったそうです。さすがインド。

« スターウォーズの中の人が日本にやってくる。 | トップページ | メガネマニアが犯人って言っちゃってんじゃん! »

投稿:by 2005 06 29 12:50 AM [音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/4730178

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン音響派だからと言ってもおしゃれなわけではない。:

 
We are bloggers.