みたいもん

トップ > 書籍・雑誌 > キーワードに敏感になっていきまっしょい。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.06.22

キーワードに敏感になっていきまっしょい。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなく買っておいた猪瀬直樹の本を読んでいる。猪瀬さんの本でなければ、まずは手にしなかったタイトルだ。

小論文の書き方

あまりにも直球なタイトルだ。ただし、猪瀬直樹である。猪瀬節が炸裂する本ほど、タイトルと読後の印象が実に一致しない(もはやわざとやってるとしか思えない)。たとえば、太宰治について書かれたピカレスクは、読後まずはとにかく「黒い雨 」が読みたくなくなる本である。

ピカレスク―太宰治伝

この「小論文の書き方」も果たしてそんな本だった。

まず、いきなり宇和島水産高校のえひめ丸事故についての記述が入る。そして、そこに「ミズーリ号」というキーワードが存在していたことを提示する。

ミズーリ号がどう関係しているかについては、ここでは何も書かない。問題はそこではないキーワードに敏感になれということである。

これで思い出した話がある。
その昔、テレビ朝日が深夜にCNNを放送し始めた頃、その番組のテーマ曲となっていた曲がある。絶対にCNNのために作られた曲だと思いこんでいたが、そうではなかった。でも、そのぐらいに番組にはまっていたのである。だから、のちにOMDの曲だということがわかっても、アメリカのCNNもこの曲を使っていると思っていたのである。

In the Dark: The Best of OMD

ところが、そんなわけがないことは曲名を知っていればすぐにわかることだ。なんて言ったって、曲名はEnola Gay なのだ。曲名を知らないというそれだけのことで、こんな遠回りとすることになる。キーワードなんてものはどこに転がっているかわからないのだ。

« 【セ・パ交流戦】これがホントのバレンタイン流。 | トップページ | 清原なつのさん関連。 »

投稿:by 2005 06 22 12:48 AM [書籍・雑誌] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードに敏感になっていきまっしょい。:

» 「崖の上のポニョ」というか宮崎駿というプロジェクトのわかりにくさ from [mi]みたいもん!
「崖の上のポニョ」めでたく個人的ないやな予感は大外れで、無事にヒットしているよう 続きを読む

受信: Aug 11, 2008, 1:21:29 AM

 
We are bloggers.