みたいもん

トップ > 魂(ハート) > マイルス御大も手塚先生も子供過ぎ!!

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.07.20

マイルス御大も手塚先生も子供過ぎ!!




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学のアルバート・アイラーを読み終わって、気になっていたことを書き忘れていました。それはマイルス・デイヴィスと手塚治虫がどうにも似ているということです。

1000年ぐらいズームアウトしてある文化を見たときに、そのジャンルを言い尽くせてしまう様な1人がいるジャンルがジャズとマンガだと思ってます。

もちろん、ジャズ=マイルス・デイヴィスでマンガ=手塚治虫です。

東京大学のアルバート・アイラーに書かれているマイルス・デイヴィスの話が面白い(マイルス好きには常識なんでしょうが)。

この人はホント、自分がシーンの中心じゃなきゃ気が済まないというかさ、常に
その時代で一番売れているポップ・スターを仮想敵として自分の音楽を組み立てていく人です。なんてたってマイケル・ジャクソンの衣装を見て、「あれはどこで作らせている服だ!ああいったヒップな服をオレに作るテイラーを探せ」みたいに言ったらしいですからね。六〇歳過ぎてんのに(笑)。

それでマイルスはアーストン・ポラージュにオーダーしたんですかね?で、そんなことはどうでも良くて、手塚さんも余り語られてはいませんが、実にそんな人でした。

大友克洋さんがはじめてなにかの賞を取ったときに、そのパーティの席で

ぼくも君みたいな絵は描けるんだよ

と言ってみたり(なんという大人げないコメント)、

立川談志に「よくそんな賞もらいますね」と聞かれたときには

くれるんだから、もらえばいいじゃないですか

とかっこいい返事をしつつも、実は何歳になっても、ありとあらゆる賞を欲しがり、マンガにおいての新しいジャンルを最初に開拓するのは自分でないと気が済まなかった。

石森さんの「マンガ 日本経済入門 」には本気でくやしがり、そこから生まれたのが「グリンゴ 」。

まったくいい大人なのに!巨匠なのに!最高っす。

東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編

« 【追悼】橋本真也→三銃士なんてどうでもいい | トップページ | ICCはもうなくなってもいいと思うだ。 »

投稿:by 2005 07 20 12:35 AM [魂(ハート)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: マイルス御大も手塚先生も子供過ぎ!!:

 
We are bloggers.