みたいもん

トップ > 魂(ハート) > 幽体離脱したときに残る感覚は何ですか?

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.07.07

幽体離脱したときに残る感覚は何ですか?




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

これいいなあ。幽体離脱の初体験告白。

リンク: webdog: 幽体離脱、上から見るか?下から見るか?

「ふんがー!!!!」

わたしの初体験は、高校生のときでした。忘れもしない国語の授業。CDの枚数をやたらに自慢する先生の授業中でした。

「わたしはCD1000枚もってます!」

今、思えば大したことではないとすぐにわかるのだが、当時は大人はいいなあと思ったもんです。ビバ大人。

そのときも、先生の自慢話がはじまり、またかあもういいよお寝ちゃえーとか思って、眠くなってきたときに、それは突然やってきた。

「わたしはCD1000枚もってます!」

あれ?なんか声の音が違う。お、これが幽体離脱?おー、たのしー!あれ?なんか苦しいぞ!動かないぞ!金縛りか!!たのしくなーーい!

そこでわたしがやったことも渾身の力を込めることでした。ふんがー!

クラスのみなは笑ってましたが、私は自分の初体験にどきどき。

その後、しばらく国語の授業になると金縛りになるという現象が続きました。何度もくらうとさすがに慣れるもんで、渾身の力をいきなりこめてもダメなことがわかり、力は徐々にこめていくといいこともわかってきました。誰にも気づかれずに復帰する技術を身につけました。そんなことできても何にもならんのだが。

その笑い声がちゃんと僕自身の耳から音を拾えてることにとても感動。

あー、でもジェット先生の場合は耳聞こえなかったんですね。やっぱり人によって感覚って違うもんなんだなあ。ぼくは視覚がほぼなかった。正確には感覚は生きてるんだけど、見えない状態。闇夜のヘビー・ロック 、じゃなくて闇夜の黒牛状態。

つーか、話聞きたくなったのに耳だけ残るって意味ないじゃん。人間そうそう都合よくはいかないもんだ。

夜ふけと梅の花・山椒魚

« 【健康&ダイエット】一保堂の麦茶 | トップページ | ペネロープ号が現実に! »

投稿:by 2005 07 07 07:06 AM [魂(ハート)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 幽体離脱したときに残る感覚は何ですか?:

 
We are bloggers.