みたいもん

トップ > アニメ・コミック > 志村貴子という才能をどう表現したらいいのか皆目検討がつかない。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.11.21

志村貴子という才能をどう表現したらいいのか皆目検討がつかない。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

なので、志村貴子のマンガを何回も読んでいる。放浪息子は買った日に数回、最近もまた思い出しては読んでいる。

という状態なので、さして書けることがないのだが、書くとわかることもいっぱいあるので、とにかく書き出してみる。

人生の目標なんかみんな持っているわけではない。私が人生のかなりの時期、少年マンガから遠ざかっていたのは、これである。目標がないからといって、無気力なわけではない。
それは言う口を持たないからといって、意見がないわけではないのと同じである。

■インタビュー 1

NO COMIC NO LIFE

あと本田君については、最初は主人公だから何か目標持たせたほうがいいのかなと思ったんですけど、それが途中でやっぱり持たせない(!)そんなキャラクターでいこうみたいな(笑)。

もっと言えば、目標に向かって動いていく人物たちがどうにもうざったかったのである。だから、私は少女マンガに走った。だから、志村貴子には全く気づいていなかった

実質のデビュー作である敷居の住人はあまり売っていなくて、先日やっと一気買いした。amazonで届くなんていうのはいやだった(それぐらいに楽しみにしていたわけだ)。

1巻がつまらないという話もあるみたいだが、ぜんぜんそんなことはなかった。いざ読んでみると、志村貴子のデビュー作というのは実に胃の痛くなる話だった。

  • かつてそうであった自分
  • もうそうではない自分

この両方に対する痛みである。

■インタビュー 2
漫画家に訊く! ~ぶっちゃけそのへんどうなんスか!~ 第6回 志村貴子さん
その1その2その3

このインタビューも、要するに「志村さんすげえ!」以上のことは言ってないわけですが、なんかもうすごくよくわかる。このすごさとすさまじさをどう表現したらいいのか想像もつかない。

なんで、おれはもう10回以上も読んでいるのだ?

敷居の住人 (7)敷居の住人 (4)敷居の住人 (3)

【志村貴子に関連するエントリー】

 

« ブログがちゃんと身入りになっていくということをもっと言わないといけない。 | トップページ | 今、日本で最もVideocastingすべきコンテンツは小西真奈美だ! »

投稿:by 2005 11 21 03:20 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/7164324

この記事へのトラックバック一覧です: 志村貴子という才能をどう表現したらいいのか皆目検討がつかない。:

» 誰かに似ている主人公 〜志村貴子『敷居の住人』 from あひるちゃんがゆく
この作家さんはこういう"日常"を描くのがうまい人ですね。 女性作家が男の子を描いていて、男性から絶大な支持(『みたいもん』へ)を受けている。ここもすごいと思う。 続きを読む

受信: Feb 10, 2006 4:29:11 AM

 
We are bloggers.