みたいもん

トップ > アニメ・コミック > エウレカは真悟だ、いやニルヴァーシュが真悟だ。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2005.12.12

エウレカは真悟だ、いやニルヴァーシュが真悟だ。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

DVDの5巻が出たので、ようやくエウレカを全話見た。すばらしいなと思ったのは、全話見ないとわからないことがいっぱいあること。とは言え、逃している回があってもそれなりには成立していること。

で、全話見たところでわかったもののいちばんのものは、この物語はおそらく『わたしは真悟』を下敷きにしているということだ。

わたしは真悟 1 (1) わたしは真悟 2 (2) わたしは真悟 3 (3) わたしは真悟 4 (4) わたしは真悟 5 (5) わたしは真悟 6 (6)

『わたしは真悟』に関する過去のエントリー

『わたしは真悟』については、上記を参照していただくとして、エウレカとの符号についてざらざらっと書いて見る。

  1. 広義のBoy meets Girlものであること
  2. 機械の自意識
  3. 機械の成長
  4. Girlの肉体的な変化
  5. 飛び降りて話が動くこと

『わたしは真悟』が真悟であるのは、あの真悟による3人称の語り口です。これは、真悟と悟&真鈴との間にはコミュニケーションが結局は存在していなかったことによります。ニルヴァーシュの場合、そこが微妙です。ニルヴァーシュがいつ口を開くか、開かせるのか?そこに今後は注目です。

交響詩篇エウレカセブン 1 交響詩篇エウレカセブン 2

« GmailにRSSリーダーがついた? | トップページ | どうぶつの森ってなんでこんなにおもしろいわけ?・共生編 »

投稿:by 2005 12 12 03:04 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/7585287

この記事へのトラックバック一覧です: エウレカは真悟だ、いやニルヴァーシュが真悟だ。:

 
We are bloggers.