みたいもん

トップ > ネット全般 > おれ今Web2.0がわかった・道場はどこにある?編

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.02.08

おれ今Web2.0がわかった・道場はどこにある?編




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

Web2.0を牽引することになったブロガー第1世代は、それ以前のMLやフォーラムといったいわば道場で鍛えられた経験をもっている。で、第2世代がアフィリエーター(たぶん)。

じゃあ、今はそれはどこにある?
つまり、第3世代はどこで育っているか?

それは少し前にひどく心配された二つのことを考えればいいと思う。

・mixi日記に個人ブログがどんどん吸収されている
・はてブの普及でニュース系のブログの価値が落ちる

ただ、これは物事が収まるべきところに収まる際の杞憂だったと言える。その証拠にブログの数の伸びは予想以上だし、そもそもmixi日記やはてブで満足できるのであれば、わざわざブログなんか書く理由はどこにもない。最近の大学生は勉強しないとか本を読まないとかいうのと同じだ。今も昔もホントに勉強するやつなんて、一部しかいないし、昔は勉強しないものは大学に行かなかっただけの話だ。

ただ、おもしろいのはmixiもはてブも伸び続けているということだ。

道場には前提として閉鎖空間であることが求められる。つまり、今の道場はmixiであり、はてブなのではないか?ということだ。

実際にmixiのコミュで鍛えられ、ある時から急にその人の日記がおもしろくなり、そして途絶えがちだったブログが急に面白くなりだしたケースを見ている。
※きょうmixiにニュース機能が追加され、はじめて本気で囲い込みにきたので、状況が変化する可能性はある。

だから、一時期的にブログは落ち込む気配を見せることは今後もあるかもしれない。でも、それは次の世代が育っているアイドリングの時間なのだと思う。オープンデータはいつでも読み解かれるのを待っているが、残念ながらそれを読み解るには修行が必要だからである。

さて、オープンデータと道場が用意されたところで今後どうなっていくのだろうか?つーことで、あと1回やります。

RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス

[mitaimon-sub 今Web2.0]

« おれ今Web2.0がわかった・可視化こそ肝編。 | トップページ | 相撲と半導体・My Yahooを使おう編 »

投稿:by 2006 02 08 09:10 PM [ネット全般] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/8533957

この記事へのトラックバック一覧です: おれ今Web2.0がわかった・道場はどこにある?編:

 
We are bloggers.