みたいもん

トップ > ネット全般 > おれ今Web2.0がわかった・じくじく編。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.02.02

おれ今Web2.0がわかった・じくじく編。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶん間が空いてしまいましたが「おれ今Web2.0がわかった」の第2弾です。前回、軸の話をし始めたところで終わってますので、その続き。

軸と書いたはいいが、じゃあその軸ってなんなのさ?ってことです。

  • Permalink
  • 時間軸(更新情報を含む)
  • 最低限のレイアウトの浸透
  • 共通言語

ざっくりこんな感じだろうか。

絵画を例に考えるとそれはパースペクティブと油絵技法の完成というのが、軸と言っていいと思う。

  • 同じ材料
  • 同じ技法
  • 実は同じようなテーマ
  • 鑑賞(視点)の固定化

技法が固定化すると、技法で悩む必要ばなくなるため、テーマは自由に選んでいるような気分にはなるが、実はデフォルトとなってしまった技法の枠から自由になることはかなりむずかしい。だから反動としてのキュビズムであり、ダダが生まれた。

デュシャンが宗教画(トリプティクなど)の方によりクリエイティブ的親近感を感じると発言しているのは、そういうことである(坂東玉三郎が踊りの型が同じ方が役者の個性は出るというのも同じこれと同じだ)。

だから、open source と open data というのは不可分であり、open source を理解しない open data にはクリエイティブもくそもないということになる(ただし残念ながら、ハードウェアはソフトウェア常に先行する)。

Your Data is your data: blog.bulknews.net

Tim O'Reilly の Web 2.0 Patterns の1つに "Data is the next Intel Inside" というのもありますが、ユーザデータのオーナシップをきちんと尊重し (API などでアクセスできるようにし)、そうして集めたデータで新たな価値を生み出す、というのが Web 2.0 的、なのかなぁと思います。

ただ、問題となるのはこの一連の動きは何百年とかけて行われたことだということだ。そうでなくても、ネットなんてものはわかりにくいにも関わらずにだ(絵画は基本に見ればわかるように作られている)。

Web2.0について、あっちやこっちでぐだぐだ言っているのはこのせいだ。軸を生み出すという段階と軸を壊すという段階と、さらにそれで遊ぶという段階が、今となってはほぼ同時進行している(だからすげえやっかいだし、その分おもしろい)。

もっと言えば、なにがWeb2.0なんて自分で考えて自分で決めてしまっていいのである。ということで、この何年かでなにが変わったのか、現状とはどういうことなのかという視点で自分なりにWEB2.0というのはなんなのか勝手に考えることにします。

たぶん、あと2回ぐらい続きます。

RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス

[mitaimon-sub 今Web2.0]

« 赤坂カレーうどんの会終了しました。 | トップページ | 現在、史上最速RSS リーダーはフレッシュリーダーだ。 »

投稿:by 2006 02 02 04:15 PM [ネット全般] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/8386188

この記事へのトラックバック一覧です: おれ今Web2.0がわかった・じくじく編。:

 
We are bloggers.