みたいもん

トップ > ネット全般 > mixiミュージックでいよいよはっきりした、笠原さんは何にも迷ってない。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.05.23

mixiミュージックでいよいよはっきりした、笠原さんは何にも迷ってない。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

きのうmixiミュージックがリリースされました。これはナイスな機能追加です。

mixi、音楽でつながる新サービス「mixiミュージック」。iTMSとの連動も.

 SNS「mixi」を運営するミクシィは、新サービス「mixiミュージック(ミクシィ・ミュージック)」を5月22日に開始した。専用ソフトをインストールし、PCで再生した楽曲情報をユーザー間で共有できる。有料会員「mixiプレミアム」向けに先行公開され、6月には全ユーザー向けにサービスを提供する。

最近の発言ではいろんなことを行っている笠原さんですが、以前ははっきりこんなことを行っていました。

iUser Interview Business on Mac mini 第1回 笠原 健治 meets Mac mini.

 「会社の今後の成長を考えたときに、トラフィックが多く、加入ユーザーの多いサービスを持つことが必要だと感じていました。そんな時期に SNS のことを知り、トライしてみる価値があるとサービスインに踏み切りました」

「とにかくPVを稼げるサービスを作りたかった」、要約するとこうです。

mixiに機能が追加される度に色んなところで色んなことが言われますが、笠原さんがmixiスタート当初PVのことしか考えてなかったということはもっと大きく記憶されるべきでだと思ってます。。

その視点で見ると、きのうプレミアム会員だけにリリースされたmixiミュージックもはっきり見えてきます(正確に言うとmixiミュージックのリリースでこの発言を思い出したのですが)。

今回のmixiミュージックのリリースは実にうまい。

まず、プレミアム会員だけに限定したということ。これはプレミアム会員が増えるのを狙っているという意味ではもちろんないです。

  • プレミアムユーザーによるバグ取り
  • はまちちゃんをはじめとする問題のクリア
  • 無料会員に多く存在するまだまだmixiの使い方がわかっていない層に対して、データができ上がった状態でリリースできる

こうして色んな問題をクリアした状態で無料会員にmixiミュージックをリリースできる。そこが実にうまい。しかもプレミアム会員には優越感も与えられる。

Miximusic_1

でだ!

たぶんmixiに新しい機能追加がない状態が続くと、PVが落ちることをmixi事務局はわかっているのです。それは早くmixiに入った人ほど、コミュニティがほぼ破綻していることが示しています。そして、mixiの目玉機能であるコミュニティが破綻することはmixiのPVにとって致命傷になります。

  1. コミュニティで出会う
  2. マイミクになる
  3. お互いの日記にコメントする
  4. mixi内でアクティブになる

この黄金律が通用しなくなるからです。この黄金律が繰り返されるから、mixiは脅威のユーザー・アクティブ率をキープし続け、結果mixiのPVは落ちないわけです。それが崩壊の危機にある。

だから、コミュニティとは別のPV生成装置としてmixiに機能は次々に追加されているわけです。

もう1回繰り返します。

「とにかくPVを稼げるサービスを作りたかった」

mixiを語るときはこの視点だけは絶対に外してはいけない。その視点で見れば、当然botは許可されることになるわけです。そのbotがいるだけでアクティブになる人がひとりでもいれば問題ありません。結果、PVは増えるわけですから。

mixiの笠原社長が賢過ぎるのでFPNの人に….

今のピンキーモンキーは中の人が頑張ってると思うんだけど、あれって大変ですよ、きっと。千人マイミクいるわけだし。あれを全部自動化してですね、マイミクに人工無能がメッセしたり猿の鳴き声的反応書き込みしたりする。で、たまに中の人が宣伝を書き込むと。完璧じゃないですか。

まずはPVを確保すれば、それで十分なのです(とmixiは考えている)。

mixiミュージックにしたって、リンク先がアマゾンじゃなくて、iTMSだったらいいのに?とかそんなことは当然持つ疑問ですが、そんなことはmixiにとってはど うでもいいわけです。

実際に買う?買わない?そんなことはどうでもいい。mixiにとっては、音楽だっておしゃべりのネタ提供に過ぎないわけですからね。

え!音楽がおしゃべりのネタになるかって?そんなものなるに決まっているじゃないですか!にゃあ!

ソーシャル・ネットワーキング・サービス 縁(えん)の手帖

ソーシャル・ネットワーキング・サービス 縁(えん)の手帖

« Wii版ゼルダ、高まりすぎる期待感。 | トップページ | Livedoor Readerに乗り換えます。 »

投稿:by 2006 05 23 04:32 PM [ネット全般] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/10205147

この記事へのトラックバック一覧です: mixiミュージックでいよいよはっきりした、笠原さんは何にも迷ってない。:

» mixiが「おしゃべり」の中心になるということの意味 from ニュースコミュニティ - FPN
みたいもん!!: mixiミュージックでいよいよはっきりした、笠原さんは何にも迷ってない。を読んで。  先日のmixiミュージックの開始は、なかなかインパクトがありましたね。 続きを読む

受信: May 26, 2006 9:02:01 AM

 
We are bloggers.