みたいもん

トップ > 親父 > ぐりぐりされましたの続報、粉瘤(ふんりゅう)もしくはアテローム。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.05.02

ぐりぐりされましたの続報、粉瘤(ふんりゅう)もしくはアテローム。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の手術エントリー自分の病状に気づいてしまった方もいるようなので、病状経過を報告します。

この病気、正式には粉瘤(ふんりゅう)もしくはアテロームという病名になります。

 皮膚科Q&A:第17回:アテローム(粉瘤) 目次.

 粉瘤(ふんりゅう)とは、一般的に“しぼうのかたまり”と呼ばれることが多いのですが、実は本当の脂肪の塊ではありません。皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちる垢(角質)と皮膚の脂が、剥げ落ちず袋の中にたまってしまった腫瘍の総称です。

さて、この病気今回の私の場合、一体どういうことなっていたのでしょう。現段階でわかっていること、自分なりに考えたことも報告します。

皮膚科Q&A:第17回:アテローム(粉瘤) Q4.

 中央の皮膚開口部より細菌が侵入して化膿することがあります。これを炎症 (化膿)性粉瘤と呼びます。患部は赤く腫れ上がり、痛みを伴います(資料9)。化膿すると皮膚の下の袋状構造物は破壊され、膿みがたまった状態(膿瘍)に なります。この場合、抗生物質を内服しただけでは効果が少なく、表面を少し切開して膿みをだしたほうがよいことがあります。

つまり、化膿しなければ抗生物質だけで治療可能だったわけです。私の場合、化膿してしまったため、切開することになってしまったわけです。

以下、私の敗因。

  1. 発生部位が背中のそれも真ん中に近い場所であったため、全く見えなく大きくなっていたことに気づかなかったこと
  2. 化膿が進行したいた時期、風邪をひいていて、体のだるさは風邪のせいだと思ってしまったこと

この2点になります。

先日の名医とは違うガーゼの交換をしてくれた医師の言葉によれば「にきびの王様」と理解するのがいちばんいいようです。

その王様ぶりがいかにすごいかと中から出てきたもので表現してみましょう。

にきびをつぶしてぶにゅっと押し出すと中からコアの様なものが出てきます。普通のにきびの場合、その大きさは【 . 】せいぜいこんなもんです。直径0.1mmぐらいという感じでしょうか。

今回、私の背中から摘出されたコアは【 ■ 】ぐらいの大きさがありました。5mm角ぐらいの大きさです。

円で考えるとめんどくさいので立方で考えると、普通のにきびの面積は0.01mm。わたしの王様は25mm。比較すると2500倍。だはは、こりゃすげえ。

2500という数字をどう捉えればいいかというと、あの渋谷公会堂の定員が約2500人(正確には2318人)です。

タイマンと1対1で闘うのと1対渋谷公会堂満席で闘うぐらいの差があったということです。こりゃ、たまらん。むりむり。

さて、きょうも病院行ってきます。

ザ・ゴールデン・カップス・リサイタル(東京渋谷公会堂に於ける実況盤)

« DTMマガジンにDSとiPodを寄稿させていただきました。 | トップページ | アマゾンってホントにすごい。 »

投稿:by 2006 05 02 06:32 AM [親父] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ぐりぐりされましたの続報、粉瘤(ふんりゅう)もしくはアテローム。:

» にきび治療法大全【にきびの治療法をご紹介】 from にきび治療法大全【にきびの治療法をご紹介】
にきびの治療法、予防法、解消法を集めた情報提供サイトです♪ 続きを読む

受信: May 3, 2006, 1:29:08 PM

» 背中から白いものがでた!7 from Red Big Bang blog 起業心のビッグバン日誌
【ふんりゅうの痕】 前まで膿んで腫れていた粉瘤(ふんりゅう:アテローム)が、すっかり腫れも引いて小さくなった。 これで、数年はこの粉瘤のことは、考えなくてもいいかも。 自然消滅してくれればいいのだけど・・・。 人気blogランキングへ投票するならこちら... 続きを読む

受信: May 11, 2006, 4:15:24 AM

» 粉瘤(ふんりゅう)とマンガ『ジベルばら色』 from [mi]みたいもん!
お気に入りの作家の新作(鴨居まさねさんの『ジベルばら色』)を読んでいて、まさかあ 続きを読む

受信: Sep 3, 2008, 12:26:33 AM

 
We are bloggers.