みたいもん

トップ > ガジェット > Bluetooth内蔵腕時計「i:VIRT(アイ:ヴァート)」なんていらないと思った私がバカだった。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.06.16

Bluetooth内蔵腕時計「i:VIRT(アイ:ヴァート)」なんていらないと思った私がバカだった。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初はね、Bluetooth内蔵の腕時計なんてバカじゃねーのって思ったんですよ。でも、そんなことを思った私がバカでした。シチズン様すいません。

i:VIRT(アイ:ヴァート)

リンク: アイ:ヴァート:シチズン時計株式会社.

なお本製品は、腕時計と携帯電話との通信をBluetoothで行う腕時計として、世界で初めての発売になります。

ここだけしか見てなかったわけですよ、このバカは。

大事なのはこっちの方。

Bluetoothのハンズフリー機能を利用して、携帯電話・PHSへの通話着信を、振動と光で通知します。

え、それがなんだって?そう、今のままではなんだって??って機能なんですよね。でも、近い将来複数のモバイル端末を手にするようになって、たぶんそれぞれが全部ネットにつながるようになります。

そうなったときに、その端末の集中センターがたぶんいるようになるんですね。身に付けるポータル機能を果たす端末がいるようになると!

 電話だよ、メールだよ、おともだちだよ、たぬ吉だよ、みたいな感じですね。

昔は外にいるときは、ほぼ時間に正確であれば、けっこうどうにでもなった。それが変化しても、目線の先にとってとても導線のいい手首をいう位置にこだわるのは、そもそもそうである役割に舞い戻ろうとするように思えます。

ああ、ONEDARIしたい。デザインもこういうものはこうでないとね!

国内生産でも世界で勝てる―メード・イン・ジャパンの逆襲 小型・精密・実装技術で進化するシチズン時計のDNA

国内生産でも世界で勝てる―メード・イン・ジャパンの逆襲 小型・精密・実装技術で進化するシチズン時計のDNA

« 「ちょっとマップ Ver0.1」の人柱になりました。 | トップページ | 王様のブランチの「iPodを10倍楽しむ活用法」にiPodマスターとして出演させていただきました。 »

投稿:by 2006 06 16 03:29 PM [ガジェット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetooth内蔵腕時計「i:VIRT(アイ:ヴァート)」なんていらないと思った私がバカだった。:

 
We are bloggers.