みたいもん

トップ > ウェブログ・ココログ関連 > YouTubeレコメンドと極楽・山本の動画が遺したもの。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.07.22

YouTubeレコメンドと極楽・山本の動画が遺したもの。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、YouTubeがまた落ちた。既に報道もされているので、とっくにお分かりだと思うが、例の事件のせいである。

リンク: ITmedia News:「極楽とんぼ」加藤さんの謝罪動画、YouTubeから削除.

削除までに300万回以上再生されていたもようだ

なぜ、この動画がここまで見られたのか?ということについては事件性(事件を起こしたのがタレントであり、ワイドショーに最高のネタだった)以外に2つの要素がある。

ひとつには栗先生の分析に詳しいが、要するに動画がおもしろかったのだ。

リンク: 極楽とんぼ加藤の号泣動画がヒットした3つの要因-モテゼミ.

 そう、号泣動画は見る人の心を捉えるよくできた動画なのだ。

つまり、ハルヒのときと同じ構図である。今、ネット上ではおもしろいものはおもしろい様に伝播する。それだけのことだ。

もうひとつはレコメンドの存在である。

ここまで、日本人に都合よくできていると、YouTubeはホントに日本人に最適化しようと開発しているのだろうか?と勘ぐりたくなるぐらいに見事なタイミングでレイティングの機能が追加された。

リンク: [w]You Tube、再生終了後も他の動画をレコメンド.

You Tubeのビデオを再生し終えると、他の動画が推薦されるように仕様変更されていました。

この二つが同時に起きてしまったからである。

実際、私は最初はロマンポルシェの動画を見ていたはずなのに、気づいたら極楽とんぼ・山本に対するワイドショーの初期報道をほぼすべて見ることになってしまった。全く、YouTubeは日本人に最適化されすぎである。

冗談はその辺にして!

ハルヒの時と違い、今回は事件と報道というマスコミの特性と絡んでいるのが興味深い。

911のとき、初期報道が事件の進行とともに、その後いかにねつ造されていったかについて記憶している人も多いと思う。

この事件がそういう展開を見せるとは思えないが、今後そういうことが起きた場合、どう伝播させていけばいいのか?ということについては手法ができ上がってしまった。だから、実は楽しみなのは今後である。

しかし、それにしても日本においてはYouTubeとGoogleVideoは決定的な差が出てしまった。

  • みんなが見ているもの
  • 今見ているものに関連したもの

この2つをYouTubeのレコメンドはカバーしている。これはコンテンツというものの楽しみ方を理解しているかいないかの差であるとしか思えない。そういう意味では、YouTubeというのは実にamazon的である。

« 今週のBRUTUS(598)にニューバランス特集が掲載されています。 | トップページ | マーケティング2.0に執筆させていただきました。 »

投稿:by 2006 07 22 11:53 AM [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: YouTubeレコメンドと極楽・山本の動画が遺したもの。:

» 極楽とんぼ・山本圭一の年収 from グルメ☆取寄ブログ
今日はグルメ取寄とは全然関係のないコラムなんですが、淫行で崩壊する山本圭一のリッチな生活今話題のニュースで、すでに説明しなくても皆さんよくご存知の事... 続きを読む

受信: Jul 31, 2006, 11:37:18 PM

 
We are bloggers.