みたいもん

トップ > 魂(ハート) > さくらの唄は心から名作だと思う

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.10.05

さくらの唄は心から名作だと思う




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ような事件が少し前にあった(簡単に言うと、ある人物のPCがP2Pソフト経由でウィルスに感染して、あくまでも個人レベルの写真がネットに流出してしまい、しかもmixiであっというまに個人が特定されてしまったという事件)。

うーん、せつないとおれの乙女心が言います。

で、そんな気持ちになると決まって思い出すのが名作「さくらの唄」。

 リンク: さくらの唄.

「ちょっと絵が巧い」以外にとりえのない主人公、そんな彼とはどう考えても釣り合わないはずのヒロイン、中 堅高校の学園祭へむけての映画製作……と、文系男子の妄想全開の、ちょっとブサイクな青春ストーリー……それが「さくらの唄」のはずだった。

 しかし、作者の照れか、それとも青春の必然か(笑)、物語は後半急転直下して「すさまじい」としか言い様のない展開を見せていく……

さくらの唄は、誰かの明らかな悪意によって青春が性の問題でずたずたにされていくのに対して(実際はそれほどの事件が起きても、人はそれでもけっこう大丈夫っていう話なんだけど)、今回の事件がしゃれにならないのは、原因がウィルス感染だったってこと(悪意の不在)。

傷つくなんていうのは、青春の特権ですが、それにしたってもう少しなんとかどうにかこうにかならなかったものか。

で!

もはや、mixiの中の方が個人情報の取り扱いについては、外よりも怖いんだと思ったほうがいいってことですねえ。mixiに検索機能なんか、やっぱり実装すべきじゃない

 リンク: mixi常勝の理由も無限ループから読み解ける:[mi]みたいもん!.

コミュニティなりマイミクの状態がmixiの機能が不完全であるが故に、少なくともmixiに入ってからすぐの状態では小規模で新鮮な状態にしばらくの間維持される。

ああ、リアルさくらの唄だ。父ちゃん涙とまらないよ。まわりにいい大人がいるといいなあ。

ぼくはとりあえず、さくらの唄でも読むことにします。

さくらの唄 (上)
さくらの唄 (上)
posted with amazlet on 06.10.05
安達 哲
講談社
売り上げランキング: 3,010

さくらの唄 (下)
さくらの唄 (下)
posted with amazlet on 06.10.05
安達 哲
講談社
売り上げランキング: 3,022

ああ、今だとシガテラなのかもな。

シガテラ (1)
シガテラ (1)
posted with amazlet on 06.10.05
古谷 実
講談社
売り上げランキング: 23,995

いや、山本直樹かもな。

ありがとう 上 (1)
ありがとう 上 (1)
posted with amazlet on 06.10.05
山本 直樹
小学館
売り上げランキング: 67,825

« もう1度はっきり言おう、現在最強のRSSリーダーはLivedoor Readerだ! | トップページ | 日経ビジネスオンラインに涼宮ハルヒの憂鬱で寄稿しました、いやそのうちします! »

投稿:by 2006 10 05 10:50 PM [魂(ハート)] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: さくらの唄は心から名作だと思う:

» Curiosity kills the cat from webdog
テレビは「皆の好奇心」を満たすだけで、「皆の好奇心」のほうがずっと怖いということ。 続きを読む

受信: Oct 6, 2006, 1:35:28 AM

 
We are bloggers.