みたいもん

トップ > 文化・芸術 > 大竹伸朗「全景」に行かなくてはいけない。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.11.27

大竹伸朗「全景」に行かなくてはいけない。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

大竹伸朗と聞いたら黙ってはいられない。我が家にきたことがある人で気づいた人はいないみたいですが、うちには大竹伸朗さんのポストカードがけっこうありとあらゆるところに貼られているのです。

Ootakeshinro

 リンク: 大竹伸朗「全景」公式サイト.

総制作点数3万点を超えるという、圧倒的な制作量と活動の幅広さを受け入れられる場が存在しなかったために、その創造の全貌はいまだ謎に包まれています。本展覧会は、30年にわたってほとんど人目にさらされることなく制作され続けてきた「スクラップ・ブック」をはじめて全点一挙公開するほか、少年時代のスケッチから、本展のために制作されたパワフルな新作まで、選りすぐった2000点あまりの作品群で大竹伸朗の全仕事を紹介する、またとない機会です。

えーと、30年3万点って・・・。

  • 1年1000点
  • 1日約3点

すごすぎる。飯食うのを同じペースで作品作っているわけですね。めし食うように作品、呼吸するようにログれみたいです。

 リンク: 大竹伸朗「全景」公式サイト.

それを延々とノートに貼りこんだ夜以来、彼は現在に至るまで、広告を貼ったり絵を描いたり、貼り付け本――「スクラップ・ブック」を、手元でひそかに作り続けてきました。

こういうところもなんだかブログ的です。フィラデルフィア美術館グリーンボックスを見て以来、こういうブック形式のものは見ていないので、その比較を含めて楽しみです。

しかしMOTってもう少し駅に近いところに立てて欲しかったです、どの駅からも遠いったらありゃしない。

« 「タイムマシン」は今年のクリスマスプレゼントで子供たちのところに届けられるといいなと思った | トップページ | アニメの進化:Gorillazとデラソウルとマドンナとアキラボーイ。 »

投稿:by 2006 11 27 02:13 PM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 大竹伸朗「全景」に行かなくてはいけない。:

 
We are bloggers.