みたいもん

トップ > 訃報 > みんなフォークダンスDE成子坂が大好きだった

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.11.15

みんなフォークダンスDE成子坂が大好きだった




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

村田渚さんの訃報から、既に3日経ちました。

Muratanagisa

私が見ている範囲でしかありませんが、訃報を悲しむエントリーがかなりの数アップされています。

 リンク: テクノラティ: 「村田渚」のブログ記事検索結果.(2006年11月15日現在、1,313件のブログ記事)

ざざっと眺めたところ、みんなけっこううるとら7:00を見ていたこと、そしてそれを覚えていることが印象的でした。うるとら7:00はラジオではそこそこ有名になったものの、テレビではまだまだなタレント伊集院光がメインでサブをアイドルとフォークダンスDE成子坂が埋めるという編成でした。

内容は早朝にもかかわらず、ニュースとバラエティを混ぜたような感じ。視聴者参加の部分もけっこうあり、深夜ラジオのノリがあった番組でした。当時、7時なんていう時間帯にあんな番組が成立したのは、もちろんウゴウゴ・ルーガというお化け番組の存在がありますし、その後の今の朝ズバ!にまでつながる朝のバラエティ化の先駆けであったとも言えます。

で、当時!

伊集院光は大学の先輩がオールナイトでADをやっていたこともあり知っていましたけど、もちろん、フォークダンスDE成子坂なんか聞いたこともありませんでした。

でも!フォークダンスDE成子坂はもうその頃から圧倒的に面白かった。のちにボキャブラで人気が出ますが、フォークダンスDE成子坂の持ち味はあんなもんじゃありません。

▼リンク: おれはおまえのパパじゃない - 村田渚さん…….

両方とも10年くらい前に放送された「ブレイクもの」をVHSのテープに大事に保存してあったのを俺がYouTubeにアップしたもの。本当に何回観ても面白くて、というかどんなに少なく見積もってもこの2つのネタは100回や200回じゃきかないくらい繰り返し観てる。

で、早速YouTubeの動画を確認しました。

ホント!フォークダンスDE成子坂のコント、今見ても全く古くない!やっぱり古典の風格すらある!

kowagariさんのところでリンクが貼られていた芸人にまつわるちょっといい話@お笑い芸人板 - フォークダンスDE成子坂も確認しました。今の人たちには信じられないかもしれないけど、以下の話、当時を知っているものにとっては眉唾じゃありません。

▼リンク: 芸人にまつわるちょっといい話@お笑い芸人板 - フォークダンスDE成子坂.

村田はその後、ピンになったけれど、事務所や先輩芸人は、再三「お前はまだ若いし、 ツッコミなんだから、新しい相方さがせ」とすすめたらしい。でも、「桶田はいない自分と コンビ組んでくれる人はいないので、ピン芸人になります」、と答えたらしい。

しかし、舞台上でダイノジ大谷が暴露した実際の話は、事務所を越えて、色々な芸人から 熱烈なオファーがあったのを、村田が、「俺と組んだら、あの天才と比べられて、かわいそうや」 という理由で、全部断ったそうだ。「どんだけ相方好きなんだよ」と、舞台上の芸人に、さんざん つっこまれてた。

ここでは、「どんだけ相方好きなんだよ」というネタにされていますが、そうじゃないと思います。そのぐらいに桶田はすごかった。村田渚さんの隣に立つ人はその天才と比較されてしまいます。

松本人志がフォークダンスには負けへんでと言ったという話もあるようですが、それは↓こういうことであり、

▼リンク: 刺激ビリビリ(The Biribiri Fantasy): 訃報.

今の若い人たちは知らないかもしれませんが、 このフォークダンスというコンビはとんねるず、 ダウンタウン以降唯一と言って良い、何をしでかすか 分からない、ワクワク感を持って見たくなる芸人でした。

そして、同じステージに立つ芸人さえ腹の底から笑ってしまう、
さらに言えば、笑うと同時に尊敬の念さえ抱かせてしまうという
奇跡の若手芸人でした。

人づてに聞いた話で恐縮ですが、ボケの桶田さんは
今田・東野さんにして「松本人志の再来」と言わしめ、
爆笑の太田さんは「あいつは天才だった。天才すきたゆえ
売れなかった」と語るほど・・・

↓こういうことであると思います。

▼リンク: 松岡正剛の千夜千冊『キューブリック全書』デイヴィッド・ヒューズ.

 おそらく『バリー・リンドン』はあらゆる映画と対立する映画なのである。それも前衛として対立しているのではなく、本格と本格が対立している。

さて、今いちばん気になるのはその桶田さんのことです。既に上記のブログで言及されているので、それを引用します。

▼リンク: 刺激ビリビリ(The Biribiri Fantasy): 訃報.

自分が撒いた種とはいえ、桶田さんどんだけ重い 十字架背負うんですか!!

以下、村田渚さんを偲ぶ芸人さんたちの声です。

■丁半コロコロ(X-GUN)・西尾さん

■ダイノジ・大谷さん

■山崎末吉(元ノンキース山崎)

■飛石連休・藤井さん

■デンジャラス・安田さん

■ざ・たっち

■江戸むらさき・磯山さん

■ノーボトム・古坂さん

本当に惜しいです。今はその言葉しかありません。

« Panasonic レッツノートR5 (CF-R5L)長期モニターレポート Part2:バッテリーがすごすぎる | トップページ | 日経BPでセルカンの新刊「タイムマシン・ブログ」スタート、そして立ち読みPDF配布! »

投稿:by 2006 11 15 06:00 PM [訃報] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/12696798

この記事へのトラックバック一覧です: みんなフォークダンスDE成子坂が大好きだった:

» 10年ぶりのボキャブラ復活祭にたったひとつ足りなかったもの from [mi]みたいもん!
先週、HDレコーダーのリストで見かけて、一応録画しておいたボキャブラ復活祭を見た 続きを読む

受信: Sep 29, 2008 4:34:18 AM

 
We are bloggers.