みたいもん

トップ > Start Mac体験モニター > StartMac01・iMac20インチの箱は想像をはるかに超える大きさだった

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2006.11.26

StartMac01・iMac20インチの箱は想像をはるかに超える大きさだった




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

せつない書類だけの送付に続き、せつない不在通知を通過して、ついに我が家にiMacの20インチがやってきました。運送屋さん、無理を聞いてくれてありがとう!

いやあ、わくわく度が高すぎたせいでしょうか?オリエンテーションを受けてからずいぶん時間が経った気がします。実際は約2週間です。大した時間じゃありません。

さてさて、23日の午前中に運送屋さんはやってきました。

きたあああああああ!

玄関まで走っていくとやはりそうです。そうです!あなたを待っていたんです!

つーか!勘違いのしようがない!

箱でけーーーーーーーーー!!!

言葉で言っても伝わらないと思いますので、居間まで運んできてたばこと比較して写真を撮ってみました。

これ、男の子でもちょっと泣く大きさですよ。

このまま眺めていてもしょーがないので、段ボールから取り出してみました。

まさにジャストフィットな感じで入っていたので、ひっぱりだすのにちと苦労しました。家人のいない人は独り身を少し泣いたことでしょう。

さらに箱を開けていくと、さらに出てきましたよ。

パッケージを開けていくとどんどんわくわくしていく感じ、この辺りの演出もすでにMacの体験の中に入ってますよねえ。

さらに開けていきます。

あれ?リモコンだ??

ああああ!そっか!Front Rowかああ!すっかり忘れてた!

さて、これで全部ものは出しました。次はお待ちかねのセットアップです。というところで次回に続きます。

実は写真をストックしているflickrの容量がもうないのです!ということでオリエンテーション後の写真でお茶を濁します、すんません。

« MITAIMODO - The Best of みたいもん!2006.11 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) | トップページ | 「タイムマシン」は今年のクリスマスプレゼントで子供たちのところに届けられるといいなと思った »

投稿:by 2006 11 26 03:04 AM [Start Mac体験モニター] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/12824900

この記事へのトラックバック一覧です: StartMac01・iMac20インチの箱は想像をはるかに超える大きさだった:

 
We are bloggers.