みたいもん

トップ > 音楽 > MTV Video Music Awardは人が多すぎる

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.01.07

MTV Video Music Awardは人が多すぎる




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ正月気分が抜けない3連休ですが、CATVで去年(2006/8/31)のMTV Video Music Awardがまるまる放送されていたので、だらだらと見てました。

 リンク: MTV Video Music Awards 2006 | MTVJAPAN.com : EVENT.

普段は見てもダイジェストであることが多いので、まるまる見ているといろいろ思うことがあった。

CM前後にフロアディレクターの「おい、パリスと二コール近づけるなよ」とかの声が入っていて、それも面白かったのですが、それで改めて気づいたのだけど、ホント人が多い。

賞をひとつ発表するのに、まず全体のMCが賞について発表。そして、プレゼンターを呼び込む、そしてその人がノミニーを発表して、賞を発表。受賞者登場。

んで、日本だとそのまま受賞者が歌いだしたりするんですが、MTVだとスピーチだけなんですよね。

んで、パフォーマンスはまた別にあって、それもMCが出てきたり、出てこなかったりして、プレゼンターが紹介したり、しなかったりしてから、パフォーマンススタート。

こりゃ、フロア担当の人大変なわけだ。

そうそう、そのパフォーマンスの中で少し前に話題になった「OK GO」の生ダンスがあった。

こっちは元ビデオ

これの生はけっこう練習したはずだ、えらいぞ。あ、そっか、パフォーマンスが派手だから、受賞決まってからじゃ遅いのかもな、うむ。

あ、ゴアのプレゼンがはじまった。

 リンク: :: 不都合な真実 ::.

【関連リンク】 

本家サイト: 2006 MTV Video Music Awards | VMA.

リンク: TENORI-ON開発日誌 : MTV Music Video Awards.

Best Video Game Score Hitman:Blood Money (Jesper Kyd) Ghost Recon: Advanced Warfighter (Tom Salta) Dreamfall: The Longest Journey (Leon Willett and Even 'Magnet' Johansen) Elder Scrolls IV: Oblivion (Jeremy Soule and Julian Soule) Electroplankton (User Generated Soundtrack) 作曲者のところがUser Generated Soundtrackと なっているのがなんとも愉快です!

« 茶の湯入門・コミック編、へうげものと千利休 | トップページ | StartMac04・.macにはガレージバンドのおまけ付き »

投稿:by 2007 01 07 11:24 PM [音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/13376309

この記事へのトラックバック一覧です: MTV Video Music Awardは人が多すぎる:

 
We are bloggers.