みたいもん

トップ > 文化・芸術 > 『哀しい予感』の舞台はとてもぜいたくな舞台でした。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.01.16

『哀しい予感』の舞台はとてもぜいたくな舞台でした。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

友人が出演するということもあり、塚本晋也監督が舞台化した『哀しい予感』を下北沢の本多劇場に見に行ってきました。

チケットはかなりの勢いで売れているらしく、予約分はほぼ完売だということです。私が見た回も、当日券のみなさんは階段にざぶとんということになっていました。でも、それでも見た方がいいかもしれない。休憩時間を含めて約3時間という長丁場でしたが、とてもいい舞台を見せていただきました。

 リンク: 梅田芸術劇場.

森、一軒家、超常現象、近親相姦的な愛情・・・小説で描かれた五感を揺さぶるデリケートな衝撃が、塚本監督のマジックで舞台に蘇る

まず舞台の上に作られたセットにびっくりしました。本多劇場でここまで大掛かりなセットを見るのって私ははじめてです。その前に本多劇場で見たのがモロ師岡でセットゼロの舞台だったということもあってホントにびっくりした。

しかもそれのセットがドリフのごとく回転するし(盆回し)、しかも回転1回じゃないし、ラストはまた違うし!すごすぎる。

演出が塚本さんだったこともあるし、少し前にトニー滝谷を見ていたこともあって、このセットのまま映画にしてしまえばいいのに・・・と少し思ってさえしまいました。

 リンク: 【修正】トニー滝谷のDVDが届いた、そんで学習について考えた:[mi]みたいもん!.

このドキュメンタリーを見て、とにかくびっくりしたことがあって、『トニー滝谷』のほとんどのシーンが横浜の空き地に立てられた簡素なオープンセットで撮影されていたのです。『晴れた家』とは、このオープンセットのことを指してます。

さて、セットのことはそれはそれとして。出ているみなさんもすばらしかったです。

 リンク: e  Theatrix! | 塚本晋也がよしもとばななを舞台化!塚本晋也�市川実日子�加瀬亮インタビュー&動画コメント到着!!.

市川 私は事務所から話を聞いて、「どうして私なんだろう?」と思いました。以前、役者の塚本さんとは共演させていた だいていたんです。でも監督しているお姿はみたことがなかったので、怖そう……と。それに舞台だから「無理です」と言ったんですけど、どこか腹をくくって いる自分もいました。

で、ここにもあるとおり、市川実日子さんってそんなに舞台に慣れてないだろうに、大丈夫なんだろうか?と思ったのもつかの間、ものすごい長いセリフがそれも延々と続きます。

市川実日子さんの生の声がこんなにいい声だったとは知りませんでした。反省します。過去の映画も全部見てみようかと思うぐらい反省しています。参った、ホントにいい。

さて、最後に。原作である『哀しい予感』ですが、文庫だと実は二つの出版社から発売されています。

幻冬舎
哀しい予感
哀しい予感

角川文庫
哀しい予感
哀しい予感

もちろん、オリジナルは角川文庫ですが、今回の舞台化に合わせて出版された幻冬舎の文庫では、よしともばなな本人(って当たり前だ)による書き直しが追加されているとのことです。原作者にとっても、それなりの作品なのですね。

今週で終わってしまう舞台ですが、もしラッキーにもチケットがゲットできそうであれば、ぜひどうぞ。ホントぜいたくな舞台です。

 

« 結婚式最強サービス | トップページ | Let'snote全機種リニューアルに見える重さに対する凄み »

投稿:by 2007 01 16 01:44 PM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 『哀しい予感』の舞台はとてもぜいたくな舞台でした。:

 
We are bloggers.