みたいもん

トップ > ロギングされる僕ら > 広告自動生成サイトの可能性

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.01.30

広告自動生成サイトの可能性




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告の自動生成ということが実際にできるとは思ってませんでした。

 リンク: TechCrunch Japanese アーカイブ : 広告自動生成サイト、The Ad Generator.

「実在の企業スローガンのことばと意味構造」を取ってきて、ごちゃまぜにして新しいものを作り出す。さらに「関連のある画像をFlickrから取ってきて(Flickrのタグを使っていると思う)模擬広告を作り上げる。

まあ、できているのかどうかについては、また別の判断が必要ですけど、とりあえずそれっぽいものは確かに作られています。

http://www.theadgenerator.org/

リンク先を見ると自動生成された広告を見ることができます。

Llyodのゴールは「広告に使われていることばが、本当の文化的価値と欲求を表わすうえできわめて有意義である一方、こうした概念が宣伝する商品とは何の関係もないという意味ではまるで無意味であることを知らせる」こと。

とのことですが、実際に生成されたものの中にはそのまま使えそうなものもあります。これとか普通にいい。

Theadgeneratordemo

オープンデータの組み合わせ次第でかなりどうとでもなるわけですね。

自社に対して、書かれたことというのも、まあオープンになっているもので自動生成であれば、それはそれで使えるようにすることもできるのかもしれません。それがどれぐらい効果が出るものなのかはわかりませんけど、可能性とはあると。

すでに存在している、アーカイブされたテキストへのコンテンツマッチとこの自動生成を組み合わせると、自分はただとにかく言葉をつむいでいってログ化していけば、勝手によしないいという領域がまたひとつ見えてきたような気がします。

 リンク: TechCrunch Japanese アーカイブ : また1つPayPerPostウィルスが.

結局のところ、広告主はブログに何が書かれているかにはあまり関心はなくて、とにかく自分のサービスにリンクしてくれていればいいのだ。

うわ!言っちゃった!

デザイニング・インターフェース ―パターンによる実践的インタラクションデザイン
デザイニング・インターフェース ―パターンによる実践的インタラクションデザイン

« 29manがおしゃれすぎる件について | トップページ | Adobe Photoshop Lightroomのパブリックベータ版配布中 »

投稿:by 2007 01 30 04:33 PM [ロギングされる僕ら] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/13716597

この記事へのトラックバック一覧です: 広告自動生成サイトの可能性:

» 第64回目はネットのお役立ち情報~あえて、非抗菌 from INTER-WEB
フロームアジアです。最近では、何かにつけ、世間では抗菌、抗菌と騒いで止まないわけ... 続きを読む

受信: Jan 31, 2007 6:16:41 PM

 
We are bloggers.