みたいもん

トップ > Start Mac体験モニター > StartMac09・iMacがけっこう音がいいということについて

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.02.13

StartMac09・iMacがけっこう音がいいということについて




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

もういきなり決めつけ口調でいいますが、まずiTunesのできがMacOSX版とWindows版でまるで違う。

OSX版に慣れてしまうとWindows版は

  • 動作がのろい
  • 音が悪い
  • 字が汚い

の三拍子(最後は言いがかり)。

次にiMacの構造が音に対しては有利に働いてます。

  • 本体の重さの配分
  • スピーカーの位置

リンゴマークの左右にスピーカーは仕込まれてます。だから、宙に浮いているんですね。これがとてもいい。

しかも、iMacの本体ってディスプレイ側についていて、分解するとアームはホントにアームだけになるんですよね。

つまり、ただ宙に浮いているだけではなく、重いものが宙に浮いているんですね。これが音的にはまたいい。

音が良くなる要素っていっぱいあるのですが、揺れるもの(スピーカーで言うと振動するコーン紙)を軽くして、それ以外のものは徹底的に重くして揺れないようにするというのが、良くなる要素のひとつにあります(日本語変だったので、修正しました)。

そう考えると、iMacの構造というのは、実に理にかなってます。デザインは見た目だけじゃないんですね。

で、最後にこれはおまけ。

しかし、iMacに慣れてしまうと他の端末をいじりたくなくなりますね。写真のフルスクリーンきれいすぎ。

Macintosh Sound Magic―ようこそ!サウンドワンダーランドへ

Macintosh Sound & Music Bible

To Play Sound―マッキントッシュで音を奏でる

« Mac版のUploadrがUniversal Binaryになりましたよ、それとRosettaに潜む罠。 | トップページ | NIAGARA CM Special !なかなか仕事をしないことで有名な大瀧さんがすごいものを出しますよ。 »

投稿:by 2007 02 13 02:48 PM [Start Mac体験モニター] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/13596281

この記事へのトラックバック一覧です: StartMac09・iMacがけっこう音がいいということについて:

 
We are bloggers.