みたいもん

トップ > 音楽 > カホンという打楽器を持ってます。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.03.13

カホンという打楽器を持ってます。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

カホーンは最高です。ちなみにドイツ製が最高ですが、私は日本製を持ってます。

リンク: カホンという打楽器を知ってますか? - webdog.

カホン(カホーン)とは理科室の木椅子みたいな木箱のような南米の打楽器で、本当に椅子みたいに座って叩きます。まあ民族楽器ということで、どんな演奏になるかは推して知るべしなのですが、それ以外にもバス、スネア、タム的なちょっと西洋ポピュラー音楽チックなことも可能なのですよ。

はい、これはカホーンの特殊な構造によります。基本は四角い木の椅子なのですが、表面の板がカホーンの音色を決めています。

これの貼り方で、基本的なドラムセットの音は全部出せるという不思議な木箱になるのです。

で、問題のハイハットですが、このビデオでは別に叩いていますが、実は木箱の中にギターの弦を仕込んであることで、それがうまいこと響いてハイハットの様な音を出すカホーンもあるのです。

演奏方法は前を少し浮かせるのが基本スタイルです。前を浮かせることで、前板の音がうまく響く様になります。

なお、カホーンにはサウンドホールがあります。バックについているものとサイドについているものがあります。

後部をキックしているものは、恐らくサイドにサウンドホールがついているのだと思います。

とにかく、その形状からは信じられない音がする素敵な楽器がカホーンです。むやみになにかを叩きたい!という気持ちになったら、この打楽器をおすすめします。

カホーンは最悪椅子になりますから、あなたの投資は無駄にならないでしょう。

« PS3のhomeとSecondLifeとどうぶつの森と、その立ち位置の差異。 | トップページ | 「クチコミの技術」の出版に微妙に合わせたセミナーが開催されます。 »

投稿:by 2007 03 13 02:39 AM [音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/14246229

この記事へのトラックバック一覧です: カホンという打楽器を持ってます。:

» カホンという打楽器を買ったのです。 from webdog
色んなドラムの音が鳴るふしぎな木箱の椅子。それがカホンなのです。 続きを読む

受信: Mar 27, 2007 1:13:08 AM

 
We are bloggers.