みたいもん

トップ > アニメ・コミック > 『鈴木先生』教師という職業と年齢

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.03.09

『鈴木先生』教師という職業と年齢




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

この事件そのものについては、なんの意見もないのだが、小中学生の教師というのはなかなか大変だなといつも思う。

 リンク: 小6児童の批判文章、担任が同級生30人に書かせる : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 東京都江戸川区の区立小学校で昨年10月、50歳代の女性教諭が、担任を務める6年生のクラスの男子児童について、同級生約30人に、この男児を批判する文章を書かせたうえ、その場で読み上げていたことが、6日わかった。

何しろ相手は子供だから遠慮がない。中二病という言葉もあるぐらいのもので、自分と外側に対する分別がどうにもあやふやだ。

で、なんでいきなりそんなことを書いているかというと『鈴木先生』がどうにもおもしろいからである。

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 1 (1)

もうちょっとちゃんと言うと1巻ではおもしろいような予感がしたが、2巻で確信となったということである。これはおもしろい。しかもおもしろいマンガだ。

鈴木先生 2 (2)
鈴木先生 2 (2)

これがちゃんと楽しめるのは、少なくとも社会人にはなっていないとダメかもしれない。学生も社会人も大きく変わらない部分がちゃんとあることを経験していないとダメかもしれないからである。

しかし、このおもしろさはなんだ。学校が舞台だが、ドタバタではない。毎日、鈴木先生は苦悩する。しかも、頭の中は性的な意味でもメロメロだ。

2巻ではそこそこの事件も発生してくる。しかし、その事件がおもしろさを増大しているわけではない。

なんだ、このおもしろさは!3巻待ってるぜ!

« え!まだ! | トップページ | 要するにおれはPASMOとSuicaのどっちを買えばいいわけ? »

投稿:by 2007 03 09 08:31 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/14170812

この記事へのトラックバック一覧です: 『鈴木先生』教師という職業と年齢:

 
We are bloggers.