みたいもん

トップ > アニメ・コミック > 『金魚のうろこ』のおかげで宿題がひとつ片付きました

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.04.01

『金魚のうろこ』のおかげで宿題がひとつ片付きました




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

あんまりこういう投げやりなことは言いたくないのですが、こんな見事な作品を読んでしまうともうこんなことでも言うしかない。

「才能のある人は、どんな話であってもどうにでも料理してしまうのですね」

作家の名前は鴨居まさね。作品は金魚のうろこ。

金魚のうろこ―田辺聖子原作シリーズ
金魚のうろこ―田辺聖子原作シリーズ

田辺聖子という作家は私にとっては、実に鬼門な作家です。読めばおもしろいし、なによりもここまで同性に受け入れられ続けている作家というのもそうそういないのではないでしょうか。ただし、頭でおもしろいのがわかっていても、肌が合わないっていうことでいいかもしれないですが、どうも続けて読むことができない。これがなにげに高校生ぐらいから自分にのしかかっていた宿題でした。でも、なかなか解決できない、故に鬼門。

なので、この金魚のうろこを読むのも少し恐かったわけです。でも、信用している作家の最新刊だし、面白くないわけがなかろうと。

で、読んでびっくりですよ。ああ、田辺聖子ってやっぱりこんなに面白かったんだ。

1_13

 リンク: 鴨居まさねの具.

普段は猫のことばっかり書いているけど、そのうらできっちり作品に向き合っている作家のすごさはエントリーの多くつけられたコメント欄をからわかると思います。

さてさて、シリーズとついている通り、今後も田辺聖子原作のものが出版されていくはずです。ホント、次が楽しみです。何よりも、個人的には鴨居さんが田辺作品に向き合ってくれるので、私はその後ろを安心してついていけばいいわけですからね。はい、これで宿題クリアです。鴨居さんありがとうございました。

参考リンク: 鴨居まさね『金魚のうろこ』.

この作品のなかでも、吉村と上野がコタツで言い合うシーンは、画面に急激に緊張が走る。ユルユルとした雰囲気のままそこに移行していくという離れ業である。

« Start Mac Final:この挑戦的なキャンペーンに参加できたことをうれしく思います。 | トップページ | 猫蛙さん、やっとやる気になったっぽいですね »

投稿:by 2007 04 01 07:15 PM [アニメ・コミック] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/14484560

この記事へのトラックバック一覧です: 『金魚のうろこ』のおかげで宿題がひとつ片付きました:

 
We are bloggers.