みたいもん

トップ > GR DIGITAL, 携帯・デジカメ > Ricoh Caplio GX100は狂気のカメラかもしれない。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.04.21

Ricoh Caplio GX100は狂気のカメラかもしれない。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

一部で話題となっているリコーのGX-100ですが、早くも現物を見る機会がありました。GX-100の特徴といえば、この3点でしょう。

  • 広角24mmワイド
  • ビューファインダー
  • 1:1の画像サイズ

で、南さんは、ビューファインダーのことをこんな風に評価していますが!

  リンク: B-log Cabin TP: Ricoh Caplio GX100 ファースト・インプレッション.

起動は予想よりクイック。ビューファインダー EV-1 も即時点灯。ファインダー内画像のピントは、接眼部分のリングを回して調整。小さな画像故、実画像の光学ファインダーと比べると勿論クリアさには欠けるが、 ちらつきも無く実用的には十分。GR Digital で使っていたオプションの光学ファインダーと比較し、視野率 100% で正確なフレーミングが可能となるのはやはり嬉しい。

撮影している姿はこんなですよ!どうかしてるよ!このカメラ!

GR digitalはとてもいいカメラです。それと比較すると、このGX100は決していいカメラではないかもしれません(いまどきレンズカバー手動だし)。

 リンク: [N] 「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3).

撮影時から、ファインダーの中は正方形になっています。これは初体験、なかなか面白い経験です。

さっきの撮影している姿とそれを覗き込んだファインダーの正方形。そして、それをブログに貼ったときの感じ。これは他のデジカメでは得られない経験になるはずです。

そういう意味で、このGX100はXiaoStyleと同じ様にいいカメラではないけれど、1点の魅力があるために持っていたいデジカメなのかもしれません。

ただ!いかんせん値段が10倍!さて、どうすべか。

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT
RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

« COOLPIX S50cを使ったワイヤレスピクチャー会議に参加&その目論見。 | トップページ | にぽたんがコージー冨田並みである »

投稿:by 2007 04 21 03:00 PM [GR DIGITAL, 携帯・デジカメ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/14795920

この記事へのトラックバック一覧です: Ricoh Caplio GX100は狂気のカメラかもしれない。:

» MITAIMODO - The Best of みたいもん!2007.4 from Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)
  GIZMODOの皆さんこんにちは! 「みたいもん!」管理人のいしたにまさき... 続きを読む

受信: Apr 27, 2007 6:17:43 PM

 
We are bloggers.