みたいもん

トップ > Nikon S50c*ワイヤレス会議 > スローなカメラにしてくれ !

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.06.25

スローなカメラにしてくれ !




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなり、なんのことだかわからないタイトルかもしれませんが、S50cを毎日持ち歩き、毎日100枚以上撮影した結論がこれです。

S50cでのワイヤレス会議が、その人に貸し出しとかした際に出たコメントでいちばん多かったものは、AutoFocusが遅いというものでした。

で、AFが遅いというのは、それはそれで問題と言えば、問題なのですが、個人的にはまったく問題ありません。

S50cをワイヤレス会議以降も使っていて、 AFのスピードというのはあのぐらいでいいのではないかということを思い出してきました。

要点は2つ(いや1つか)。

1.構図において焦らないということ

得てして、今!だというときにシャッターを押してもけっこういい写真って撮れないもので、まずは構図を狙ってシャッターチャンスを待てば、自然といい写真が撮れるようです。

2.手振れにおいて焦らないということ

で、構図を狙って、ぐっと待っているときにちゃんと脇を締めておけば、これまた自然と手振れって減るんですね。手振れするっていう人に限って、あわてて写真を撮ってます。

なんでしたっけ?あわけるなんとかはもらいが少ないでしたっけ?

まあ、冗談抜きでコンパクトデジカメの撮影においては、まさにあわてるだけ無駄なんだと思うわけです。だから、いっそAFはS50cぐらいの速さでもいいのではないかと思えるわけです。要するに、まああわてるな、ということです。

ということで、ここまでS50cで撮影した写真の中での私のベストショットを紹介したい。あるホームパーティの一席での一枚である。

16:9というサイズとS50cの色(ビビットに設定)の感じがうまくでたいい1ショットだと思います。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX(クールピクス) S50c 720万画素 シルバー
Nikon デジタルカメラ COOLPIX(クールピクス) S50c 720万画素 シルバー

« MITAIMODO - The Best of みたいもん!2007.6 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) | トップページ | 16:9(ワイド)を最も追求したカメラはLX2だった »

投稿:by 2007 06 25 04:10 AM [Nikon S50c*ワイヤレス会議] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/14939440

この記事へのトラックバック一覧です: スローなカメラにしてくれ !:

 
We are bloggers.