みたいもん

トップ > ウェブログ・ココログ関連 > 巨怪伝(大正力)というお手本

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.08.24

巨怪伝(大正力)というお手本




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

くそ忙しいときほど、いい本に出会ってしまうというのは、実によくある話で、今、まさにその状況です。

出会った本は『巨怪伝』。

そう、あの読売グループを作った(大)正力の伝記です。

 リンク: 正力松太郎 - Wikipedia.

日本におけるそれぞれの導入を推進したことで、プロ野球の父、テレビ放送の父、原子力の父とも呼ばれる

出会うといっても、以前に四家さんに教えてもらって、ずっと部屋にころがっていたわけですが、ちょうどいいタイミングで読み始められたなあと思っています。

巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)
巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)

巨怪伝〈下〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)
巨怪伝〈下〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)

以下、四家さんとのチャットログ。

いしたに:巨怪伝読んでます。

しけさん:ああ、最高でしょあれ。

いしたに:もうね、最高。おもしろすぎる。

しけさん:読み始めるととまらない。

いしたに:そそ。

しけさん:もうね 大正力に比べたら、ナ○○ネなんてアリみたいなもんですよ。

いしたに:これ終わったら、次はナベプロの本でも読もうかと。

しけさん:そのあたりは、ぜんぶ今とダイレクトに繋がってますからね。

いしたに:そうなんですよ、そこ理解しないと先いけない。

しけさん:むしろネットが出てきて、いままでのメディア史みたいなものが見えやすくなった。

いしたに:やっと、次が出てきましたからね。体験に引き寄せて考えられます。

しけさん:そうそう、ブログ登場以降に大正力の歩みを iPod登場後にナベプロの歩みをより実感を持って捉えられる。

いしたに:そうそう!そうなんですよ。そう思って読んでます。

しけさん:残念ながら もう「大物」はなかなか出てこれないと思われるので巨怪伝は絶対に読んでおいたほうがいい。

いしたに:ですね。あのクラスは国家の成長とセットだから、日本ではもう無理でしょうね。

しけさん:まったくそのとおり。

なお、副読本として「どこから官僚の腐敗がはじまったのか?」と知るために猪瀬さんの『ペルソナ』をおすすめします。

ペルソナ―三島由紀夫伝 (文春文庫)
ペルソナ―三島由紀夫伝 (文春文庫)

原敬内閣って、やっぱり重要な歴史のポイントだということも再認識できます。三島本ではなく、官僚本として、実におすすめです。

じゃ!

« トーキョードリフト3回目!ついにキャスター登場 | トップページ | MITAIMODO - The Best of みたいもん!2007.8 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) »

投稿:by 2007 08 24 06:07 PM [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 巨怪伝(大正力)というお手本:

 
We are bloggers.