みたいもん

トップ > 献本 > 大絶賛!『フラット革命』が辿り着いたしまったところ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.08.07

大絶賛!『フラット革命』が辿り着いたしまったところ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木さん、参りました。

確かに本をいただいたエントリーの中で!

 リンク: 『フラット革命』をいただきました.

こりゃあ、佐々木さん直球の豪速球だ。

とは書いたものの、正直ここまで面白い本だとは思っていませんでした。いやあ、面白かった。

まず、1章で書かれていることは、Web2.0という言葉で言われていることが、まさに現状認識であるのと同様に現状認識です。まさに的確。

そして、個人的に俄然面白さのエンジンがかかってくるのは、2章からです。佐々木さんは、この2章の中で日本人の個人のある部分を表現するために『成熟と喪失』を引用しています。

成熟と喪失―“母”の崩壊 (講談社文芸文庫)
成熟と喪失―“母”の崩壊 (講談社文芸文庫)

この本はネット(特にブログ周辺)では、あまり触れられているのを見たことがない本ですが、なんといえばいいのか、要するに日本でそれなりの物言いをするつもりがあるのであれば読んでなくてはならないという類いの本です。しかし、完全に私にとっては不意打ちでした。佐々木さんがまさかその領域に踏み込んでいくとはついぞ思ってなかったからです。

さらに、3章。端から見るとなにをしているのか皆目わからず、要するに本人としてもここ何年かブログを書くという以上のことをしていない私という個人であっても、この3章で述べられていることは、実になんというか身につまされるものがあります。むしろ、ほぼブログを書くという以上のことをなにもしていなかったが故にそうなのかもしれません。

そしてそして、怒濤の大団円の4章。ここについては、多くの言葉を使う必要はありません。公共性という問題に対して、佐々木さんがこういうスタンスを取ったということだけでもまずは知るべきで、その上もう圧倒的におもしろい。なんだ、この本。おもしろすぎるぞ。

ちょっと落ち着いて!

  • 現状認識
  • 問題定義
  • 明確な著者のスタンス

この3点がぎっちり詰め込まれているのにも関わらず、繰り返しになるがとにかくおもしろい。そんな本がめったにあるものか。

悪いことは言わない、今これを読んでいる人が日本のネットやブログに興味があって、このエントリーを読んでいただいているのであれば、いいから読んで欲しい。とにかくまずは読んで欲しい。

そして、誤解を恐れずに言えば、この本が佐々木さんがジャーナリストであるからこそ書かれた本であるにも関わらず、ブログのジャーナリズムなんて、この本の面白さに比べればどうでもいいと、あとがきのある3行をなんども読み返しては、そう思うしかないのです。

フラット革命
フラット革命

【追記】
そうか、この本は佐々木さんにおける『ぼくたちの近代史』なのではないかと思った。

ぼくたちの近代史

そして、このすばらしい本が絶版で中古のみの取り扱い。なんてことだ。

« 日経ネットナビで「ブログ名刺」記事を書きました | トップページ | これからMacとiMovieで楽しく動画編集したい皆さんへ »

投稿:by 2007 08 07 02:49 AM [献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/16032710

この記事へのトラックバック一覧です: 大絶賛!『フラット革命』が辿り着いたしまったところ:

» 長く続けているブロガーはフィルターとなっていく from [mi]みたいもん!
コグレさんが「クチコミの技術」について言及しているので、なんというか筋として、私 続きを読む

受信: Aug 11, 2007 1:11:47 AM

» 『ぼくたちの近代史』がまた音で味わえるなんて! from [mi]みたいもん!
以前に『フラット革命』絶賛した際に、橋本治の『ぼくたちの近代史』を参照しようとし 続きを読む

受信: Feb 1, 2008 2:58:12 AM

» 『インフォコモンズ』は近未来予測ではなく現状認識である from [mi]みたいもん!
まず最初にはっきり言わないといけないのは、この『インフォコモンズ』は、ネットをサ 続きを読む

受信: Jul 18, 2008 1:30:53 PM

 
We are bloggers.