みたいもん

トップ > 文化・芸術 > 中秋の名月と月見うどん

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.09.26

中秋の名月と月見うどん




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

きょうが中秋の名月だからというわけではないが、ランチの後にうっかりうどんを食ってしまった。

きょうの帰り道、月がとてもきれいで、そういえば、きょうは中秋の名月であることを思い出しました。

で、なんとなく気になったので、月見を検索するとこんなことが書いてあった。

 リンク: 月見 - Wikipedia.

ゆでた蕎麦・うどんを丼に入れ、場合によって群雲(むらくも)に見立てた海苔を敷いてから、生卵を割り入れて、汁と薬味を添えたものを「月見うどん」、「月見そば」と呼ぶ。月見の風情をどんぶりの中に見立てたものである。本来、月見に海苔は必須であり、海苔なしの場合は「玉(ぎょく)」といったが(「玉(ぎょく)落とし」「玉(ぎょく)入り」「玉(ぎょく)落ち」等)、しかし現代では海苔なしでも卵さえ入っていれば月見といってしまうことも多い。

なるほどなあ、海苔が雲かああ。たしかにそっちの方が風情があるなあ。そうか、そうか。月見って、晴れの日の月見よりも、少し雲がかかった方が風情があるものなあ。

うーん、勉強になるなあ。

« 月刊 タビデオがすばらしい | トップページ | スカイラインクーペ先行試乗会:行ってきました編 »

投稿:by 2007 09 26 12:40 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/16575355

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月と月見うどん:

 
We are bloggers.