みたいもん

トップ > サントリー美術館 > 屏風と保存を巡る物語(サントリー美術館『BIOMBO / 屏風 日本の美』)

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.10.03

屏風と保存を巡る物語(サントリー美術館『BIOMBO / 屏風 日本の美』)




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところ、定例になっているサントリー美術館。今開催しているのは、『BIOMBO / 屏風 日本の美』です。

Biombo

リンク: BIOMBO / 屏風 日本の美.

実は、Webを見たときはあんまり期待してなかったんですよね。そもそも屏風絵って、建物に入っている状態こそが美しいわけで、美術館よりは建物といっしょに見たいというのが本音。

でも、それはもう叶わないことである場合がほとんどで、じゃあ残されたものをどう愛でるか?、つまり保存と修復ですね、というのが課題となったりするわけです。

その意味で、今回の『BIOMBO / 屏風 日本の美』はほぼ満点だったのではないかと思います。

展示は大きく以下のコーナーに分かれています。なかでも、特筆すべきは2つのコーナー。

  • 屏風の成立と展開
  • 儀礼の屏風
  • BIOMBOの時代 屏風にみる南蛮交流
  • 近世屏風の百花繚乱
  • 異国に贈られた屏風
  • 海を越えた襖絵と屏風絵

【異国に贈られた屏風】
保存状態がすばらしく良かった。なんだこれ?!というレベル。まるで新品でした。ヨーロッパ恐るべし。日本の保存技術というか、心意気はホント最近のもので、まだまだ歴史が浅いなあと痛感しました。

【海を越えた襖絵と屏風絵】
今は複数の美術館に散逸してしまっている襖絵を、そのうちの何枚をサントリー美術館が収蔵していることもあり、可能な限りかき集めて一気に展示していました。

襖絵も全部残っているわけではないし、昔のことなので、実は実際絵の並びからすると、めちゃくちゃになっている部分もあるのですが、散逸してからは初めて一カ所に揃ったんだそうです。

これは圧巻。それと同時に無常感も漂いまくるわけですが、それを含めての歴史ですからね。

ということで!

『BIOMBO / 屏風 日本の美』は、10月21日まで開催しています。この2つを見るだけでも、充分に価値のある展覧会だと思います。東京ミッドタウンで水曜日〜土曜日であれば、20時までやってますので、ぜひぜひ。

サントリー美術館100選 (1981年)

【サントリー美術館の関連エントリー】

 

« トヨタ(F1富士)がYouTubeで世界4位になった日 | トップページ | エマで森薫はどこまで行こうとしているのか? »

投稿:by 2007 10 03 08:44 AM [サントリー美術館] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/16525694

この記事へのトラックバック一覧です: 屏風と保存を巡る物語(サントリー美術館『BIOMBO / 屏風 日本の美』):

» 屏風とBIOMBO from 富久亭日乗
 屏風と言えば 日本古来の美術品だが、 それが「BIOMBO」(ビオンボと読む)という スペイン語やポルトガル語になっていたとは、 サントリー美術館の展覧会「BIOMBO/屏風 日本の美」を 見るまでは知らなかった。  しかも、屏風に描かれたモチーフは 戦国時代の合戦や花鳥風月だけでなく、 「レパント戦闘図」 や 「世界地図」 なんてものまである。  まるで西洋絵画を見ているような 不思議な感覚に襲われる。  同展は10月21日まで。... 続きを読む

受信: Oct 4, 2007 9:28:34 PM

» 集めるということの価値(サントリー美術館「鳥獣戯画がやってきた!」) from [mi]みたいもん!
大人気と評判のサントリー美術館「鳥獣戯画がやってきた!」に言ってきました。  リ 続きを読む

受信: Dec 20, 2007 10:16:02 AM

 
We are bloggers.