みたいもん

トップ > iKnow,英語学習 > 英語勉強SNS「iKnow」を続けるこつ

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2007.11.28

英語勉強SNS「iKnow」を続けるこつ




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

いやあ、びっくりした。うっかり紹介した「iKnow!」。ホントすごくいいWebサイト(しかも簡単に英語が学習できる!)なので紹介したわけですが、まさかのビックウェーブ。

14

 リンク: 最強Web2.0サービス「iKnow」登場、ただし英語勉強したい人だけ!.

iKnow!」のユーザーリストを見ても、どうやら上記のエントリーをアップした直後からユーザー登録が増えたみたいで、紹介してよかったです。

で、肝心の英語のお勉強の方はあんまり進んでいないのですが、私の本来の目的である「英語を書けるようになる」ということについては、こつを掴んだ気がするので、ここに報告しておきます。

こつはたったの3つです(しかも基本全部日記)。

  • フレンドを増やす(10人ぐらいがたぶんベスト、ネイティブに近い人が1人でもいるとなお良し)
  • お勉強ができなくても、とりあえずひどい英語でもいいのでとにかく日記を書く
  • 日記を書いている友達がいれば、必ずコメントを入れるようにする

15

私はまだ2日しか日記を書いていませんが、明らかにきのうよりも内容のある日記を書ける様になっています。

英語に煮詰まったって心配はありません。そこは「iKnow!」の本来の機能である英語のお勉強をあきらめずに進めていけばいいだけのことですから(あー、そっか!だから、タイピングのテストがあるんだ!)。

つまり、日記とコメントと英語の学習でPDCAがまわせるんですね。いやあ、よくできてる!練り上げられている!

そして、私が英語が苦手なのに日記を書く気になっているのには理由があります。

ひとつには自分の日記を見てくれる人が想像できるということ。

そして、もうひとつはmixiなどのSNSでの経験から自分から友達の日記にコメントを残すようにしていると、自分の日記にもコメントがつくようになることを経験的に知っているからです(日記のネタに困ったら、Youtubeを貼り付けてコメントつけるとかでお茶を濁せます)。

そして、夢はもっと膨らみます。

日記を書いていくことは、確実にもろもろのリテラシーの向上につながるということを、これもmixiでの経験から知っているからです。

 リンク: mixiとブログの幸福な関係.

mixi日記やコミュニティでの発言を繰り返した結果、何らかの手法とかスキルをマスターしてブログにデビュー(特定のブログを名指しすることはやめます)っていう動き。

英語圏の人気ブログというのが、日本の人気ブログと比較して、約10倍のPVをもっていることは、ブロガーの中ではよく知られていることです。

また、これはGIZMODOに記事を提供している中で知ったことですが、英語圏の人々の中に日本の情報を欲しいと思っている人は、日本人が想像するよりもはるかに多くいます。

つまり、今日本語でブログを書いている人にとって、まだまだやることはいっぱいあるということです(ちきしょー学生いいなあ!)。

ここまで考えてみると、きのうも引用した「iKnow!」のサイトの人の言葉にまた色んな想像をすることができます。

 リンク: iKnow!

みんなが英語を学ぶ手助けができることは嬉しいし、実は僕自身もiKnow!を使って日本語を習うつもりで、すごく楽しみです。
年末までに、日本語を習いたい外国人のためのコースもできる予定です。
そうすると、iKnow!は国内・外にいる外国人たちとも交流できる、国際的なサイトになるはず。

いやあ、「iKnow!」すごいわ。

きのうに引き続きでしつこいけど、これホントブレイクスルーになるよ。

« 『レッド(Red)』に描かれるあの時代の空気 | トップページ | 永遠のドイツデザイン »

投稿:by 2007 11 28 10:32 AM [iKnow,英語学習] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/17211400

この記事へのトラックバック一覧です: 英語勉強SNS「iKnow」を続けるこつ:

 
We are bloggers.