みたいもん

トップ > ネットマーケティング > ブログにおける「偏り」の正体

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.01.15

ブログにおける「偏り」の正体




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにはブログ広告的なものがいくつかついています。ONEDARI BOYSにしても、あれを広義の意味でブログ広告と考える人もいると思います。

ということで、それを踏まえるとか踏まえないとかは個人の判断ですが、以下のエントリーの「偏っていること」の部分に若干違和感があったので、それについて書いておこうと思います。

 リンク: ブログ広告はダメだと思う (smashmedia).

そもそも、この「偏っていること」については、以前にこのブログが発端となったことがありました。

 リンク: ブログマーケティング問題で指摘された偏向について:[mi]みたいもん! .

上記の2つのエントリーでは多くのテーマが内包されていますが、中でも以下の2つが個人的には重要なテーマです。

  • ブログ
  • 偏っていること

そして、私のエントリーにsmashmediaの中の人である河野さんがこんなコメントを残しています。

 リンク: ブログマーケティング問題で指摘された偏向について.

超素敵です。まさにそうですよね。 ぼくはブログのいいところってまさにいろんな人の偏向しまくりの本音が読めることだと思っています。

ただ、私は偏向していることに価値があるのではなく、偏向していてもやり続けることで価値が出てくると考えています。

ここでさきほどの河野さんのエントリーに戻ってみましょう。

 リンク: ブログ広告はダメだと思う (smashmedia).

不特定多数 に見られているだけならmixi以上のPV単価を設定できるわけなくて、女性サイトがしぶとく生き残っているように、偏っていることに価値がある。もちろ ん性別の偏りだけじゃなく、居住地や年齢や職業や、特定のチームやブランドのファンとか、何でもいいんだけど、そこに競合が少ないほど価値が高まる。

偏っていることに価値があるというのは、それはもちろんそれで事実だとは思うのですが、やっぱりひと昔前は「偏っていることには価値が実質なかった」んだと思います。

私はブログ以前にほぼ同じ様な内容のMLを運営していましたが、情報出した後のその情報の振る舞いは全く違ったものになっています。これがブログというシステムの特性です。

そして、このブログというシステムの特性を踏まえると「偏っていることに価値があって生き残っている」んじゃないと思うわけです。

  • 偏っている
  • 継続

つまり、これが2つセットではじめて価値になるんだと思います。少なくともブログやWebの世界では、どっちが欠けてもだめなんだと思います。

世の中に伝統という名の下に実におかしなこと(男だけの舞台である歌舞伎とか相撲とか)が数多く行われていますが、それは「伝統」という言葉を隠れ蓑にしているわけですよね。その隠れ蓑がなかったら、一般社会の常識ではまず許されないことが伝統の世界では行われています。

これは、伝統があるからおかしなことをしても許されるのではなく、おかしなことをやり続けたから伝統という称号を得られた結果、おかしなことをしても許されるようになったということなんだと思うわけです。

そして、長い時間をかけて作られた力というのは、そう簡単に壊れないことは歴史が証明しています。

今、ブログに参加しているブロガーというのは、その歴史のはじまりのステージにいる、それはやはりどう考えても歓迎すべきことなんだと思います。

 リンク: いまは徳力さんを信じるのみです。ただそれだけ - webdog.

まあ、テレビだって成長の課程で色々と紆余曲折があったでしょうから、ブログ広告もそういうものじゃないでしょうかね。ブログじゃなくなるかもしれないし。

巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)
巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)

巨怪伝〈下〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)
巨怪伝〈下〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)

« 『あしたの、喜多善男』と島田雅彦 | トップページ | 「動画人JAPAN」でトーキョードリフトは何をプレゼンするのか »

投稿:by 2008 01 15 01:48 PM [ネットマーケティング] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/17632135

この記事へのトラックバック一覧です: ブログにおける「偏り」の正体:

 
We are bloggers.