みたいもん

トップ > MacBook Air > MacBook Airはなぜこんなに触っているだけで楽しいのだろう

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.02.19

MacBook Airはなぜこんなに触っているだけで楽しいのだろう




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

MacBook Airを日常的に使いだして、早くも2週間ほど経ちます。

この2週間で、日常生活で変わったことがあります。それは今まで以上にネットに触れている時間が増えたということです。

それは形としては、以下のような形として現れています。

  • 油断すると未読が10000とかにすぐなっていたRSSリーダーの未読がほぼゼロに
  • メールのレスポンスが速くなった
  • とにかく気づくとなにか書いている

じゃあ、これって一体なぜなんでしょう?

ひとつには、画面の良さがあります。視認性のいいものというのは、自然とよく見るようになりますからね。

で、もうひとつあります。それは、やはりMacBook Airのうすさだったのです。

MacBook AirはおどろくほどうすいノートPCです。

左からみても、うすい。

右からみてもとてもうすいです。

じゃあ、うすいことでなにがこれまでと変わったのでしょうか?

それは、うすいことで、ノートPC本体そのものが平面にべったりとへばりつくような姿勢になるんですね。

だから、今MacBook Airを置いている平面がちゃんと平面になっているかどうかがすごく気になります。気になるので、もちろん平面になるように調整します。

そして、そこにさらにMacBook Airの剛性の高いボディが加わると、この剛性感というのは、さらに高まっていくわけです。

そして、それがキータイプをしているときの気持ち良さ、そして、いつまでもこうやってこのMacBook Airに触っていたいという気持ちにさせるのです。

ああ、楽しいなあ。

仕事も遊びもはかどって仕方がありませんよ!もっとメールきても平気!もっとフィードがあっても平気だい!

わはは、なんでもこーい。

Apple Store
自動更新バナー

« ニューバランスのM576特集が20周年を記念して登場 | トップページ | ネットPRという仕事とリリース »

投稿:by 2008 02 19 10:08 AM [MacBook Air] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/40106249

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Airはなぜこんなに触っているだけで楽しいのだろう:

 
We are bloggers.