みたいもん

トップ > 文化・芸術 > レッシグ先生のフリーカルチャー講義が最後だそうです

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.02.06

レッシグ先生のフリーカルチャー講義が最後だそうです




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーブ・ジョブスのプレゼンのうまさというのは、とても有名ですが、個人的には過去に生で見たことということもあり、レッシグのプレゼンというのも、別の意味でとてもすばらしいと思っています。

 リンク: THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2006、1日目終了:[mi]みたいもん!.

レッシグのプレゼンはホントにすごかった。スライドをめくっているのですが、まるで自分で操作していないように見せていました。レッシグは元祖高橋メソッドかもしんない。

ジョブスのプレゼンというのは、人を引き込んで、悪い言い方をすれば「人を幻惑する」ようなプレゼンであるのに対し、レッシグのプレゼンというのは「人に考えさせる」プレゼンである印象です。

もちろん、題材が違うので、印象が異なるのは当たり前なのですが、二人に共通するのは、恐ろしく練り上げられたプレゼンであるということです。

ということで、以下の講義にとても参加したい気持ちでいっぱいですが、さすがにそんなわけには金銭的に時間的にもいきません。

 リンク: Joi Ito's Web - JP: Larry、フリーカルチャーに関する最終講義に臨む.

僕はその講義を聞く。君がもし近くにいるなら参加してほしい。とても重要ですばらしい講義になるはずだ。

YouTubeでもなんでもいいので、映像だけでも見ることはできないもんでしょうか。

ということで、とりあえず、また「free culture」日本語版 でも見ることにします。

1

しかし、いいものは何回見てもいいですね。

Free Culture
Free Culture

« MacBook Airをほぼ1日外で使ってみた | トップページ | 岡村靖幸、3度目の逮捕でおれのチケットは幻に »

投稿:by 2008 02 06 05:28 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/40012035

この記事へのトラックバック一覧です: レッシグ先生のフリーカルチャー講義が最後だそうです:

» レッシグ先生がゴールデンウィーク前に森美術館に登場 from [mi]みたいもん!
ローレンス・レッシグのプレゼンと言えば、その中身もさることながら、とにかくそのプ 続きを読む

受信: Apr 23, 2009 12:49:08 PM

 
We are bloggers.