みたいもん

トップ > 献本 > 『世界のサブカルチャー』という美しい本をいただきました。

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.02.22

『世界のサブカルチャー』という美しい本をいただきました。




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブカルという言葉が定着してもう何年になるかわかりません。その昔、サブカルと呼ばれていたものも、今となってはとっくにメインカルチャーになっており、リリー・フランキーが100万部売れる世の中なわけです。

そんなご時世で、このタイトル。最初封を開けたときは、正直「まだサブカル?」という気持ちでした。

でも、ページを開けてみて、びっくり。そこには、まさにサブカルチャー(sub culture)が並んでいたのです。

いきなり、冒頭の特集が絵画というのが、もういきなりしびれます。というか、そこにはっきりとした、この本の決意表明があるわけです。

カルチャーと消費の境界線が見えにくくなって、早何年かわかりませんが、ここに並べられているのは、用意に消費されることを拒むサンプルばかりです。

個人的には、ここ何年か、絵を買う(もちろん1号とか2号程度)ことを心がけていることもあり、この先長く、まさに使い勝手のある、頼りがいのある兄貴な1冊になりそうです。

毛利さん送ってもらってありがとうございました。そして最高!GJ!

世界のサブカルチャー (NT2X) (NT2X)
世界のサブカルチャー (NT2X) (NT2X)

« ブロガーによるブロガーインタビュー、ブロガーウォッチング連載スタート | トップページ | AMNブロガー勉強会、ブロガーはみんな我流 »

投稿:by 2008 02 22 08:35 PM [献本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/40215973

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界のサブカルチャー』という美しい本をいただきました。:

 
We are bloggers.