みたいもん

トップ > 文化・芸術 > むしろ紙であるという話と神話

いしたにまさきの新刊:HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まったHonda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすることHonda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日

HONDA、もうひとつのテクノロジー ~インターナビ×ビッグデータ×IoT×震災~ 01 それはメッカコンパスから始まった (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 02 ~インターナビ×GPS×ラウンドアバウト~ 運転する人をサポートすること<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック) Honda、もうひとつのテクノロジー 03 ~インターナビ×災害情報×グッドデザイン大賞~ 通行実績情報マップがライフラインになった日<「HONDA、もうひとつのテクノロジー」シリーズ> (カドカワ・ミニッツブック)

2008.03.04

むしろ紙であるという話と神話




Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加

うすい紙について、きのう書いたところ、識者からリコーのページを教えてもらいました。

 リンク: "使いやすさ"への取り組み / 第6回 ペーパーレス神話と現実 | ricoh JAPAN.

この本の結論を手短にまとめると、「紙は古い時代の遺物ではなく、むしろ現在の多くの技術に比較しても、ある種のタスクに対して、より適した重要な媒体である」ということになる。

なるほどという内容です。ものすごく話を端折るとPCなどに向いたことはPCで、紙に最適なことだけを紙でということになると思います。

つまり、その昔ペーパレスということが言われ出した時代のように、PCで紙を代替するのではなく、紙の用途を「紙が最も得意なことだけに限定」してペーパレスに近づくということになるのだと思います。

となると、電子デバイスにおいては「うすい」ことが重要であるのと同様に、得意なことだけに限定した紙には、逆に最適な厚みというものがあるのではないかと思いました。

で、ここまで話を進めてきて気づきました。

世の中は、もうとっくにそういうことになっているわけですね。アホか、おれは。

  • 新聞には新聞紙
  • マンガ雑誌にはそれ用の紙
  • 付箋も最近はうすい半透明な紙が使われるものが多い
  • コピーやプリンターに最適化されたコピー用紙

ここまで、私は何をこねくり回してきたのでしょうかね、全く。

ただ、これまでの人間の歴史で、こういうこねくり回しというのは、これまでに何度も繰り返されてきたのではないかと思いました。

そして、こういったこねくり回しにも、時代時代で最適化があるのではないか・・・。

きょうはこの辺でやめておきましょう。

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))
人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))

イノベーションの神話
イノベーションの神話

« 「美学vs.実利」は久夛良木クロニクルである | トップページ | PhotojojoのPhoto Time Capsuleは毎週やってくる »

投稿:by 2008 03 04 12:24 AM [文化・芸術] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12272/40356446

この記事へのトラックバック一覧です: むしろ紙であるという話と神話:

 
We are bloggers.